茄子の接ぎ木は1日遅れで穂木の種まきとしたよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日茄子の台木、耐病VFの種まきをしたので今日は穂木の種まきをすることにした
茄子の穂木としては昨年度同様に庄屋大長と黒陽の2種類栽培することにしている
種袋には庄屋大長が60粒、黒陽が70粒となっているので全部種まきしたら台木の数よりかなり穂木が多いのだが、これはまさかの接ぎ木の失敗を想定しているためで、その場合は余っている接ぎ木しない苗を使うことが出来、最悪植える苗がないということはなくなる。
ですが菜友器の育苗器にはセルトレイにして42個しか入らないので、別途30穴のセルトレイを準備して愛菜花育苗器の空いている片方で発芽させて、余分に穂木の苗を作ることにしている
yasa2016-0119
42穴のセルトレイにはすべて1穴2粒づつ種まきをしたのでまいた数は82個になる
yasa2016-0113
ここには庄屋大長の方を多めに種まきをした、白い線が境目でわかるようにしておいた
まき方はマクロで見ると台木と同じ感覚でこんな状態だ
yasa2016-0114
同様に30穴のセルトレイにも種まきしたが、この方は黒陽の方を多めに種まきしておいた
覆土をしてこれで種まき終了
yasa2016-0115
これで2枚のセルトレイはそれぞれの育苗器の中に収納
30穴のセルトレイは愛菜花の育苗器の中へ
yasa2016-0116
こんな感じで収納、横にはひよこ豆を種まきしたセルトレイが収納してある
少し発芽しているようなので明日にでも外のビニールトンネル内にでも出すことにしようと思っている
42穴のセルトレイの分は昨日台木の種まきをして横が空けてあるのでそこに収納
yasa2016-0117
これで後は発芽を待つばかりだ、数日中には発芽してくれるだろうと思うが
発芽が確認されればなるべく早めに屋外に出し、徒長を防ぐことにする
実は去年も苗は徒長したのだが、何とかごまかして苗にすることは出来たのだけど、今年は少しでもそうならないように気をつけたいと思う。

 最後に備忘録のために庄屋大長と、黒陽の袋の裏側に書かれている仕様を張り付けておこう
yasa2016-0111
この表を見てみると、自分はかなり早く種まきしたつもりだったがそうでもないようで
もっと早く種まきをしてもトンネル栽培で苗を育てれば大丈夫なようで、種まき時期としては早くもなく普通の時期のようである。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    なるほどこの時期で特別早いわけでは無いのですね..
    こちらはメロン苗を頼むついでに茄子やキュウリの接木苗
    も頼んで送料が要らないようにしていますね。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、苗はホームセンターなどに買いに行かれるのではないのですね
      ネットの購入は便利ですが、品質が良いのですかね、生き物ですから手に届いてみないと分からないので不安ではないでしょうか
      そういえばメロン、雨を嫌うし水はけがよい土地でないと難しいようですね、今年の栽培はパスです。

  2. Baldhead1010 より:

    おはようございます。

    こちらでも低温に弱いと言われているオクラも種蒔きをして、ビニールトンネルにしているところがあります。

    寒い時期に発芽すれば、それなり成長するんでしょうね。

    徒長防止に、保育器の中にUSBファンを付けてみようかとも考えていますが・・・。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、おはようございます
      そうですか、植物特有の最適育苗温度が一番良いので温床をするのですが、ビニールトンネルだけでは成長が遅れそうです
      ただ、それなりには成長すると思いいくつかの苗はそうするつもりです
      風を吹かし刺激を与えて徒長防止出来るならやってみたいです、うまく取り付けられるかどうか、それが問題ですけど。