蔓なしカボチャの状況とレタスの種取り野鳥対策など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 変わらず良い天気で暑い、関東地方では肌寒いとか、西と東では全然違う気候だ、この地方の梅雨の中休みは長い、今度雨が降るのは20日頃くらいと予想されているので、まだしばらくかかりそうだ。
 ところで蔓なしカボチャやっこだがそろそろ花が咲くのも終わりになりそう、雄花はまだ咲くのだが雌花はもう蔓の先の方にあるようでほとんど咲いても実付きが悪く落ちてしまう。
そんなことで、もうカボチャの実が付くのは期待できない
全体を検証してみたがほとんどが一株に一個しか実が止まっていない
昨年他の種類のカボチャを育てたが同じように1株1個しか収穫出来なかった、やり方が悪いのか、土地が悪いのか、今回は一株2個を目指していたのだが期待外れに終わりそう。
それでも1株1個は確実についているので、全体では9個収穫出来そう
現在の蔓なしカボチャの状況↓

 

最近は晴れ続きだが、丁度受粉時期が雨降だったり、雌花が咲き出して、数日間は雄花が咲かない妙な現象が起きたりして受粉が出来なかったのも影響しただろう。
この蔓なしカボチャやっこは根元からかなり離れてしまった場所に咲いた雌花はどうも受粉してくれない、手動で受粉作業をしたし、蜂も沢山来ていたし、天気も良かったのにそれでもうまくとまってくれないようだ。
今回は狭いスペースに9本も植えたのだから、数量的には良しとしよう。

 リーフレタスとサニーレタスは種取り用に残して雨除けまでして花を咲かせて育てているのだが、ようやくサニーレタスは種が出来て来たので採取することにした、リーフレタスの方は遅くてまだのようである。
現状がこれ↓

  

沢山綿毛がついているのでかなり採取した
これが採取したもので、少しづつガクなど取り除いた

 

少し手作業で綿毛やごみを取り除いて広げておいた

もう少しここで乾燥させて、完全に種だけにして選別して保存しておこう
これだけあれば種は十分だ。

 トマトもそろそろ色づき始めだした
大玉トマトはまだのようであるが、ミニトマトのアイコは下の方から少し色づいてきた、そして先頭が1.8メートル付近に設置した棚に到達した。
ところが、少し色づいてきたトマトをすぐに何者かに食べられてしまっている
多分カラスだと思うが見てないので決めつけられないが、たぶんそうだと思う。
現状がこれ↓

色づき始めたトマトと食べられた形跡

 

これでは完熟を待って食べることが出来ないので、とりあえず周りに網を設置しておいた、カラスは上から中に降りて来ることは無いので、周りから入られないようにしておけば問題ないだろう。
野鳥対策として網を設置した状況

これで問題なく完熟まで待って収穫出来ると思う。

 菜園とは関係ないのだが、今年は維新150年ということで、全国各地でいろいろイベントが催されているところも多いが、ここ山口県でも維新に関する史跡や人物も多い。
そこで先日だが、その一環として山口市の鋳銭司にある大村益次郎の生誕地などを訪ねてみた。
ここ鋳銭司の鋳銭司郷土館は長沢の池湖畔にあり大村益次郎の墓も大村神社もある

 

明治維新を迎える重要な役割を果たした人物であるようなので、その人物の生涯を紹介したパネルがここ郷土館に掲載されていたので撮影しPDFファイルにてサーバに置いておいた。
ちょっと重いがリンクを張っておこう、これがその益次郎の生涯
細かいところは読めないかも知れない。

 サルビアの苗が日差しがきついし乾燥して枯れそう、水をやらなくては。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    蔓無しカボチャはそれでも9個もあると十分ですね…
    こちらは何とか一株3個が大きくなって一つはもうヘタが白くなってきています。
    雄花が沢山咲いていたのでズッキーニに使いましたが、もう花は咲いてきませんね。
    こちらは来週など殆ど曇りか雨です。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      コンパクトに育てられるということで、沢山植え付けました、通常なら3本程度なんでしょうけどね、ちょっと本数のわりには効率が悪いようです。
      そちらはおまけに寒いようですね、こちらは暑いですが、雨は来週中頃からみたいです。

  2. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    フルティカトマト、今朝初採りしました。
    味は・・・まぁまぁと言うところです。

    近所でナスの露地栽培をされている方がいますが、植えっぱなしの成りっぱなしで、一ヶ月が勝負と言っていました。
    商売にしているので、下葉の整理や脇芽の摘み取りなど人件費のかかることはしないでしょうね。
    家庭菜園だからこそ、手の込んだ管理ができると言うことです。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは〜

      トマト収穫されたんですね、それなりに収穫できれば満足しないといけませんね。
      商売での栽培はコストを突き詰めるとそういう栽培になるんですか
      それなら家庭菜園では形と味にこだわって手をかけて栽培すると勝ち目がありそうですね。