トマトの接ぎ木管理と青しその種まき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マトの接ぎ木として呼び接ぎをしたのが3月26日、土曜日だった、今日は次の週の日曜日で接ぎ木後8日経過したことになる、大体呼び接ぎ後1週間程度で穂木の根をつぶしてやることにしている、完全に切り離すわけではなく穂木の根からの養分を制限して台木から養分吸収に切り替えてもらうよう促す訳である

ということで穂木の根元をラジオペンチで押さえてつぶす作業だ

これが作業前の呼び接ぎした状況

yasa2016-0627

枯れてしまった苗は1本もないのだが接ぎ木が成功しているとは限らない、根が切ってある訳ではないので、単独でも十分生きられるからだ

では、その一つを取り出してクリップを外してみると

yasa2016-0628

こんな感じになっている、接ぎ木後1週間程度なのでこんなものだろう、外れている訳ではないが、衝撃を与えると外れる

クリップは元に戻して、穂木の根元付近をプライヤーとかラジオペンチなどで挟ん押さえる、指でしても問題はない、こんな感じだね

yasa2016-0629

これで作業完了、後1週間後に穂木の根を完全に切り離す作業をする

茎をつぶす作業は44本すべて完了させた

yasa2016-0630

接ぎ木の成功は穂木の根を完全に切り離した後、枯れなければ成功と言えるが、まだ、この段階では何とも言えない。

 午前中は薄日もさすような天気だったので少し日陰になるのだが裏の小さな菜園に青しその種まきをしておいた、青しそは毎年こぼれ種で畑に生えてくるのでそれを使えば問題ないのだがどうしても赤しそと交配して葉の裏側が赤みがかってくる、そのため購入した種で種まきすることにしている

これがその種と用意した場所

yasa2016-0635 yasa2016-0632

3~4センチくらいの穴跡を付けて(上写真右)、その穴に種まきすることにした、そこに10粒くらいの種を蒔いたように感じている、何せ粒が小さいので適当にばらまいたらそのくらいは蒔いただろう、穴をちょっと撮影してみたがはっきりとは確認できない

yasa2016-0633

覆土はしなくても抑え込んだだけで良いらしいが、ほんの少し種まき倍土をうっすら掛け、板切れで土を押さえて固めて種まき完了、水をたっぷりかけて種まきを終えた

yasa2016-0634 yasa2016-0636

発芽してくれたら穴内で間引き最終的には2本か1本残して育てれば問題ないだろう、少し日当たりが悪い場所なので、色彩的には良い感じで葉が採取出来るのではないかと思っている。

 4月になってかなり暖かくなってきた、暖かさが特に違うのはやはり夜の温度ではないかと思う、ここは家の裏になるのだが、ここの田んぼの畦には在来種のタンポポが沢山咲いている、外来種は見られなかったのだが、最近その外来種のタンポポも見かけるようになった

これが共存しているタンポポ

2016hana-0105

白いのが在来種で黄色いのが外国からやってきたタンポポらしい、外来種は気温の対応幅が広いのだろうか早くから咲きだし遅くまで咲いているようだ

タンポポの写真を撮っていると、もう既にバッタの子が生まれて出てきている、タンポポの花が餌になるのだろうか

2016hana-0106

季節はもうここまで来たのかとつくづく感じる。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    細かな作業が続いていますね
    やは接木苗は高くなるのが分かりますね
    シソの種はこちらも買ってありますが
    未だ種蒔きしていません。
    もう良いようですね

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、接ぎ木は慣れてしまえばなんでもない作業ですがなかなか気を使いますね
      ほとんどの種まきはOKの時期になりました、種まきは少しセーブしないと管理が出来なくなります。

  2. Baldhead1010 より:

    おはようございます。

    今朝も雨です。
    青じそは畑に自然に生えてきますが、紫蘇との交配が多いのか、葉の裏が赤っぽいのが多いです。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、おはようございます
      こちらは何とか雨が上がったような気がしてます、サロンの会の皆さんと花見を兼ねて動物園に行く予定は中止せずに何とか行けそうです
      青しそは、そうなんですよ自生えの青しそは裏側が赤っぽくなりますね、見てくれが悪いので購入品で種まきしてますが、その種でも時には交配したようなのが育つことがあります。