茄子とサルビアの状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 子を定植したのが4月19日、今日で丁度50日になる、種まきからすると2月の初めに種まきしたのだから約130日くらいかかったことになる
収穫までには実に長い期間が必要だ
現状の茄子の状況はこんな状態↓

ここには黒陽と庄屋大長という品種が植えてある全部で10本育っている
コンパニオンプラッツのマリーゴールドもしっかり花を咲かせている
今のところテントウムシダマシの姿を見ることは無い
花も沢山咲いてきているし、花の状態を見ても今のところ大丈夫みたい
これが花の状況↓

雌しべがもう少し飛び出している方が良いのかも知れないが、この程度なら問題ないだろう、下の方では実がだいぶ大きく成長して来た。
後数日もすれば収穫することになるだろう↓

 

上写真で左が黒陽で、右が庄屋大長だ、全体的な感じでいうと、黒陽の方が少し生長が進んでいるように思われる。
雨がシトシト降るこの頃、そろそろ枝が垂れ下がりそうになって来たので、一部は紐をぶら下げて枝を吊っておくことにした
いずれ支柱からかなりの紐をたらして吊り下げてやることになる、実が大きくなり梅雨時分には雨や風で枝が折れることがある。

そろそろ今年の茄子の収穫は近い。

パンジーに替わってサルビアを予定しているのだが、一足し早くプランターにはサルビアを稚苗で植え付けておいた。
現状がこれ↓

 

調子の悪い分はここでもかなり入れ替えたりして現在に至っているが、もう大丈夫なくらいに生長してくれた、アップで見たらこれ↓

小さな苗を植えつけると、育たない苗がかなり出てしまうが、種は自家採取の種なのでまきすぎるくらいまいてしまったので交換する苗はいくらでもある
現在移植用に残っている苗はこれ↓

 

このまま放置しておくと徒長しまくるみたいだ、いずれほとんどを処分することになるのだけどね。

花文字のパンジーと入れ替える予定でサルビアを6センチポットに移植して育てているのがある、200本以上あるのだけど、容器が小さすぎたのか、あまり生長が思わしくない
枯れて無くなるようなことはないが、バラつきは多い
現状がこれ↓

種まきしたのが4月25日で、今日で43日経過したことになる。
梅雨明け頃には入れ替える予定にしている。

 今日もしとしと降る雨の一日になりそうだが、明日は晴れの予報
気象庁の高解像度降水ナウキャストの画像を見ると雨雲が我が家の周りには全くないのに曇って小さな霧のような雨が降っている。

何でだろう雨雲が全く逃げて無いのに
上の図を見ると同じ時間、晴れているような気もするのだが。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    凄い数のサルビアですね…
    こちらもプランターに苗が育ってきたので梅雨の雨の日の仕事として
    POTに移植するつもりです。
    台風が心配になってきました。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      サルビアは嫌というほど発芽しましたね、自家採取種でも十分発芽します、しかも大量に種まきしましたからね、始末に負えなくなりそうです
      台風5号は静岡付近から房総半島にかけて警戒区域になってますね、風よけネットの設置は正解でしたね。

  2. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    雨の日は畑仕事もできず暇です。
    植物の生長にはやはり如雨露での灌水よりもお天道様の雨が良いみたいですね。

    ナスの一枝一果、よく観察しないと主幹の芯を止めてしまいそうです。
    なので、主幹二本には間違えないように紙の粘着テープを巻いて目印にしています。

    レーダーに写るのは1mm異常の降雨でしょうか、こちらでもレーダーに無いのに霧雨上の雨が降るときが時々ありますね。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      雨になると菜園がメインの仕事となら暇になりますね
      植物にとってはそうですね、カンカン照りの暑い日はぐったりしてますから、雨の方が良いのでしょうね
      茄子の一枝一果の収穫方法は奨励されてますが、手間がかかり大変ですね、自分はやりません、一気に切り戻しすることにはなりますが止む得ません。
      雨雲レーダを見ると感覚的には違和感を感じますね。