芋蔓の状況とゴーヤの移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 芋から芋蔓を採取するために今年7個の芋を植え付けたが、すべて腐らずに発芽してくれた、思えば去年のことだが、去年は5個程度芽出しに挑戦したがほとんど腐って1個だけしか助からなかった、芽出しだけを農電マットを使ったトンネル内で発泡スチロールで囲んで芽出しに挑戦したが時期が少し早かったのか、やり方がまずかったかだろう。
今回は彼岸を過ぎてから直接畑の畝に埋め込みビニールトンネルにして芋の上にはキャップを掛けて見かけ上2重に保温できるようにして発芽を促した。
その結果発芽までには20日以上かかってしまったが何とか腐らずに全部芽が出て来た
現状はこれ↓

発芽にばらつきがあるので、一番状況が良い分と悪い分の写真をアップしておこう

 

昨年の場合は芽出しを始めたのが3月11日ちょっと早かったのかな
今年は3月27日だから昨年より半月遅れでスタートしたことになる、昨年の助かった1個については4月13日の時点で既に今年の成績の良い分とほぼ同じだ
その写真をここに掲載しておこう、昨年4月13日撮影↓

これから気温が高いのである程度は遅れを取り戻してくれると思うが、それでも半月程度は遅れるだろう。
ちなみに昨年ここで自家採取した芋蔓を植え付けたのが5月31日となっている、その時10本収穫して植え付けていた。
芋蔓は7月迄には植え付けなくてはダメらしい、遅れが半月だったとしたら、6月中頃には何とかなりそうなので、ギリギリり間に合うとみて良いだろう。

 この時期なんやかんやで忙しいのだが、ゴーヤの苗をセルトレイから9センチポットに移植しておいた、あまり調子の良い苗ではないが、中には芯が枯れたのがある、流石にそれは排除したが葉が丸まったのはそのまま移植しておいた
移植前のセルトレイと移植後のポット

 

一応15本移植出来た、今年もグリーンカーテンとして植え付けるのは7~8本だろう。

 リーフレタス類もそろそろ終わり、とう立ちしそうになって来た
秋まで種まきするつもりはなかったが、先日インゲン豆を種まきしたセルトレイ、うまく発芽してくれなかったのでそのままになっていた、今日思いついて気まぐれにサニーレタスの種をまいておいた。

 

自家採取の種で沢山あるが、発芽しないかも知れないので沢山蒔いた
薄っすら覆土をして種まき完了↓

育苗トンネル内が空いているのでその中へゴーヤの苗と一緒に入れておいた

もうここにはキュウリとカボチャの苗だけしか残ってない。

 その他、茄子の間にコンパニオンプラッツとしてマリーゴールドを定植しておいた、既に花芽が付いていて、もうじき咲き出すだろう

 

また、昨日キュウリを4本定植しておいたが残りも今日定植しておいた
全部で12本になった、接ぎ木箇所が今のところ外れてはいないようだが、危ない状況には変わりない。

これで定番の茄子、キュウリ、トマトの定植が全て終わった
明日から少し余裕が出来るかな?。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    植え付けもほぼ目途が付いてきましたね…
    サツマイモはスペースが必要なので毎年4.5本程度ですが
    今年もエンドウが無くなったら植えて見るかな。
    もうエンドウの花が無くなってきました

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      一応定番の物は終わりましたね、これから先は菜園を含めて草取りが大変になります
      サツマイモはジャガイモを収穫した後に植え付けることにしてます
      だいたい去年通りでしたら30本程度です。
      そういえばここもエンドウの花がほとんど見えなくなりましたね。