今年の接ぎ木の状況その後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年予定していた接ぎ木は全て終わって育苗トンネル内に入れてある、昨年よりは成績が悪くこれ以上接ぎ木を続けるのは困難かも知れない。
いつもの年と同じように接ぎ木したのは茄子と、トマトと、キュウリ、状況をここで観察しておこう。
ここの育苗トンネル内に現在接ぎ木は全部入っている、現状がこれ↓

ここの中では茄子が一番多いし一番多く成功した
茄子の品種が庄屋大長と黒陽で個別に並べてみるとこんな状態

それなりというか元気に育ちだして来ている。

 トマトについては大部分接ぎ木を失敗してしまった、品種は桃太郎T93
全部廃棄しなくてはならないかと思っていたが少しだけ残ったのがある
それでも、これからうまく育つかどうか疑問な状況だ
現状をアップしておこう↓

今年のトマトはアロイトマトを中心にして栽培することになるだろう
一応20本植え付ける予定にしている。

 最後にキュウリだが、先日呼び接ぎをした
まだ活着したとは言えないが枯れてもいない
両方の根が付いているのだからあたりまえ、穂木の根を切り離してみないと何とも言えない、後1週間程度はかかるのではないかと思う。
現状はこんな状況

 

24本あるのだけど、今回苗として定植するのは10本
確率として少なくともそれくらいは苗になるだろう。

 ポットの土について
ポット専用の土は高価なので、野菜の土を使っている、この土もたくさん種類があり、いつも適当に購入していたが、今回使った2種類で意外な生長差が出てきた
下の写真は接ぎ木しなかった茄子をポットに同じ日に移植したものだ、同じ種類なんだけど購入した2種類の土をそれぞれに入れて育った状況だ。

全然生長の差が違っているのが分かる
1本だけでは個体差のせいもあるので何とも言えないが1ケースの状態を見るとそうとも言えない状況だ

上の写真で右端の2列が異常に生長している
あの二列から土が変わったのだ
その土というのがこの2種類↓

上写真で左側の土が成長が遅れいてる分で、右が異常に成長した分の土だ
どちらが最終的に良いのかどうかは分からないが
少なくともこんなに生長が違ってくるということだけは確かなようだ。

 昨日に続いて今日も暖かい良い天気に恵まれた
野菜の成長がどんどん進んできている
このアスパラ菜もずいぶん食べたが、だんだんと脇芽から出てくる花茎が小さくなってとうとう食べられなくなって放置した。
現状では花が沢山咲き出しているそろそろ撤収しよう
下の画像は現状のアスパラ菜↓

明日は午後から少し天気が崩れるみたいだが、たいしたことはないらしく、すぐに天気は回復してくるようだ、ただ、土日は崩れて雨らしい。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    お山へ行ってきました。
    採ったのはイタドリ、ゼンマイ、ワラビ。
    昨年より2日早く行ったのですが、寒かったり暖かかったりしたせいか、伸びすぎているもの、ちょうどのもの、これからのものと、色々でした。

    今夜は家内が塩漬けにして、それを後日冷凍保存する予定です。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      行かれたのですね、今日は天気が良かったからたぶん山歩きは暑かったのではないですか
      ここらにもイタドリ、ワラビはありますがゼンマイは見かけません
      沢山収穫されたのでしょうが後始末の作業は大変ですね。

  2. 花より団子 より:

    へぇ~、土によって随分違うんですね
    土に混ぜてある肥料の違いなんですかね
    土は倍ほどの値段の違いがありますからね…。
    HCにも接ぎ木苗が出ていますね。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      多分肥料の違いだと思いますが、土の値段は同じようなものです
      感覚的には生長の悪い分は、自然の土を使ってる感じで、生長の良い分は、廃材等を処理したような土で真っ黒、ヘドロが入っているような感じがしてきれいな感じはしませんね。