寒波の中の育苗トンネル過酷な環境大丈夫?、ダイコンの発芽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 波が来るとわかっていたので、昨日は育苗トンネル内の育苗箱にプラスチックの苗カバーをかけて2重のビニールハウス状況にした、下には農電マットも敷いてあるのだが
今朝の状況はやはり雪が積もった、雪国の大雪とは話にならない状況だがそれでも夏野菜の苗には過酷な状況だ。
昼までには雪が融けるのだが早朝の現状はこれ↓

流石に農電マットが敷いてあるトンネルには雪が積もってはいない、少しは効果があるのだと思われるがトンネル内の温度は↓

15度くらいしかない、明るくなる前には10度くらいしかなかったかも知れない
今日の最低気温はマイナス1度くらいだからこの前の寒波よりは条件がいいようだ
気になるので中の茄子の苗の状況を見てみよう
一番心配なのが発芽したばかりの茄子の穂木、しかも徒長しているしね
現状がこれ↓

 

上の写真は全体と一部を拡大したものだ
ちょっと葉の先っぽにダメージを受けているようにも見える、いくつかは仕方がないとしても大部分はそれなりの苗に育ってほしいものである。
ちなみに10日も早く種まきした茄子の台木の茄の命は、同じ場所で同じように管理しているが、こちらの方は大丈夫のようだ、下に写真を張り付けておこう

予報によると水曜日くらいからは今回の寒波が過ぎ去りだいぶ気温が上がってくるようだ、何とかそれまではあまりダメージを受けないで頑張ってほしいものである。
昼頃には雪はほとんど融けてしまったので一安心だが、先日種まきしたニンジンと大根、ビニールトンネルで覆いをしておいたのだが、覗いてみると大根が発芽していた
これがそのビニールトンネル↓

種まきしたのが2月3日だから9日くらい時間が経過している、トンネルを開いてみるとこんな状況↓

ニンジンらしきものはほとんど見ることが出来ないが向こう側の大根はしっかり発芽しているのが見える、ニンジンは元々発芽しにくい植物ではあるがこの寒さ続きではなかなか発芽してくれないようだ、しばらく見守るしかない。
発芽している大根の状況の写真をアップしておこう
現時点でこんな状態だ↓

 

時折雪が降る今日だが、トマトの種まきもする時期に来ている、今週中頃には寒波も過ぎ去ることだし作業もやり易くなると思う、その頃に始めるかな。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんにちは。

    また寒波が舞い戻ってきましたね。
    こちらは県西部中部の山間部で降雪がありましたが、朝方家周辺にもうっすら積もっていました。
    蘭小屋での気温は-2.0℃と先の寒波よりはましでしたが、畑のそら豆は一部凍害が出て萎れた茎もあります。
    冬野菜の残りはニンジン、ホウレンソウ、レタス(4個ほど)と残り少なくなってきました。
    今月末にはトマトの種蒔きです。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      そうですね、また寒くなりました、今度の寒波は先日のよりも少しは弱いような気がします
      それでも最低気温が零度以下なのでそとの育苗トンネルは厳しいです
      やっとホウレン草が収穫できるようになりました
      今年の冬野菜は駄目でした、春に期待してます。

  2. 花より団子 より:

    おぉ~雪が積もったんですね…
    そういえばこちらは雨が降っていました。
    寒気が抜けるのを待つだけですね。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      そうです、朝は雪が積もってました、昼までには融けてくれたので助かりました。
      早く寒気が抜けて少し暖かくなれば種まきも育苗も楽になると思うのですけどね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)