茄子台木の抜け穴調整

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 子の台木として茄の命という品種の種まきをして今日で11日目になる、なかなか一斉に発芽してくれることは難しいのだが、なるべく一斉に発芽してくれないと接ぎ木の時に胚軸の大きさが違ってくるので穂木の胚軸との径の大きさが合わなくなって接ぎ木が困難になる。
そういう意味では一斉に発芽して大きさもそろってくれると有難いのだが・・・
しかし発芽してくれてなくて空き穴では何にもならない、今回の台木の発芽としては、こんなもんだろうが、それでも数か所空き穴がある
現状がこれ↓

全く生えてない3か所には複数生えているところからとりあえず移植することにした
移植はなるべく根を傷つけないよう掘り出して移植、それなりに穴埋めすることが出来た

ただ、発芽して来出しているのだが、完全に遅れてしまっている箇所が一つ
どうしようかと迷ったが、まだ複数生えている苗はあることだし思い切って取りかえることにした、上写真左の下から3場面の穴だ、そしてもう一つ双葉が変、三つ葉になっていて、これは奇形かもしれないので、排除の対象にした、下の写真はその2種類
 

こんなこともあろうと思い複数個種まきした所から持って来て穴埋めしておいた、これで空き穴はない。
うまくいけば42本の接ぎ木が出来ることになる。

一応地温は30度設定にしている、室内だから零度以下になることはないと思うが、このところの寒さ、かなり厳しい。
正午ごろの地温は大体27度程度だった、日が当たり出すと温度が上がり、現時点は4時頃だが31度程度を示している下写真右だ。

 

今日あたりは特別寒い日なのでこんなもんだろうが、暖かい日になるともっと上昇するかも知れない。

 冷温庫に入れて発芽させているピーマンだが1本だけ発芽した
複数発芽しかかったのも見られるが、今後発芽してくると思われる
確か、種まきしたのが2月1日だから6日目だ、たぶん1週間もすればかなり発芽してくれると思う、その写真をアップしておこう

 

徒長は困るのでなるべく太陽の光を浴びるように窓側に向けて管理するようにしている。

下に見える愛菜花はまだ使っていないが、いずれトマトの種まきには使うつもりである。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんにちは。

    今朝は家から南の方の高知空港(南国日章)で-6.8℃と観測史上最低を記録したようです。
    我が家の蘭小屋では-5.3℃でした。明日が寒さのピークらしいです。
    日中は風もなく、お日様が当たると汗ばむくらいの中、土曜日が雨らしいので、玉ねぎの最後の追肥を行い、その後、畑の草引きをしました。
    軍手では指先が濡れて汚れ冷たいので、ビニール手袋で行いました。

    自分も2月1日にナスやピーマン類を愛菜花にセットしたので、明日(6日目)あたりは出芽するかも知れません。
    出芽したら、送風機をセットした育苗ドームに移す予定です。
    日当たりの良い日中は少々室温が低くても、蘭小屋南側のタキロン越しの陽に当ててみようと思います。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんにちは~

      そちらは最低気温はここより低くても昼間は暖かいのですね、ここは最低気温もそんなには下がりませんが昼間の温度も上がりませんよ、近くのアメダスでは最低気温が-1.9で最高気温が2度くらいでしたから、寒くて汗かくことは絶対ありませんね
      先ほどちょっと散歩に出かけましたが、ほとんど家にこもってましたよ
      苗が大きくなり出すと外に出さなくてはならなくなります
      農電マットを持っているので、もう少ししたら外に設置しようかと思ってます。

  2. 花より団子 より:

    綺麗な双葉が並んでいますね…
    細かな作業が必要みたいなのでこちらはやろうという気には
    なりませんが…。
    発芽させるだけでも上手くいかないことが多いですからね。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんにちは~

      台木ですから、おかしなものを使うなら使わない方が良いかも知れませんので、台木はしっかりしたものを育てたいです。
      商売なら別ですが接ぎ木は道楽でないとやってられませんよ、いろいろ道具もいりますし場所もいります、光熱費もかかり、長期にわたって時間もかかりますね、家庭菜園で育てる少しの苗なら購入した方が断然お得ですね。
      しかも失敗というディスクも全くありませんから。