新春玉ねぎ試し取りしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日は風が強く小雪がちらつく寒い日だ、予想はしていたのだが散歩してもマスクだけではダメで耳当てが無いと痛い、散歩はするつもりはなかったのだけど、県知事の選挙の日なので散歩を兼ねて歩いて行った、途中雪が降り出して歩いて行かなければ良かったと思った。
菜園作業については何もするつもりもなかったが、新春玉ねぎが2月に収穫することになっているので、まだ小さいのだけど試し収獲してみることにした。
これが新春玉ねぎの畝

確かに2月にこんなに大きくなる玉ねぎは初めてではある
いつものタマネギとは全く違う、これは早生のソニックだがまだこんな具合だ

ソニックは4月末が収穫時期なので、こんなもんだろう
ただ、この新春玉ねぎはこのまま放置しておけば分球したりとう立ちしたりするので今月にはどうしても収穫しなくてはならないらしい。
もう少し大きくなって欲しいがとりあえず大きめの物を収穫した

 

それでも直径が5~6センチくらいしかない
ここ最近は例年以上に低温が続いているので成長が遅れているのか
それともこんなものなのか最初の栽培だから分からないのでもうしばらく残りは放置して様子を見ることにしよう。

茄子の台木の茄の命を種まきしたのが1月27日、丁度今日で9日目にあたる、今回は穂木を10日後に種まきしようと思っているので明日種まきをするつもりだ
それで現時点での台木の発芽状況だがこんな状況になっているので掲載しておこう

空き穴が5個出てしまった
複数生えているのもあるので、空き穴に移動すれば穴は何とか埋まりそう
もう少し多く種まきしておけばよかったかな。

明日も寒い日が続きそうだが、種まきなどは室内作業なので、そんなに苦にはならないが
穂木はどうしても種まきしておかないと台木との胚軸の大きさが合わなくなる
それもこの時間差でよいのか、ほんとはよくわからない。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    とう立ち、分球などするならたとえ小さくても収穫していかないとだめかな
    でも最低6㎝は欲しいですね。8㎝あれば十分ですか…。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、おはようございます。

      今日も寒い日で、畑の表面は凍ってますよ
      これでは玉ねぎ大きくはなりませんね
      個体差がひどく、単なるネギではないかと思えるのもあります、しばらく様子をみましょう。