工程ダリアの残渣の整理と苗作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気はわりと良いのだが外は寒い、家の中でじっとして居るのが一番いい
先日、と言ってもだいぶ前になるが、皇帝ダリアが枯れてしまっている、毎年少しだが苗作りしているので、今年も10本ばかり来年の4月以降に植え付ける苗を作ることにした
残渣の整理は裏の倒れているこのダリアから整理と苗茎を調達

鋸を使って切り刻んで整理しながら調達した苗茎がこれ↓

 

苗茎は上下を間違えてしまうので節から上の方に2~3センチ、下の方が7センチ程度が良い気がする
一応9センチポットで苗作りするのでポットに入れた場合淵の付近に節が来る程度になると良いと思われる
苗茎が乾かないようにミズゴケを周りに詰め込んでセットしておけば苗づくりが出来る
今回使用したミズゴケ、これ150gで大体十数個詰めることが出来そう。

これを容器に入れ水に溶かして使用、詰め込んだのがこれ↓

 

皇帝ダリアの幹は細いのから太いのまで様々だがあまり太いのは9センチポットに入りきれないので、適当な太さの部分を切り取って使う必要がある。
今回10個作って育苗かごに入れたのがこれ↓

出来上がったものは外に出しておいてはダメで室内の邪魔にならない場所に置いておく
発芽率はよく、ほとんど発芽してくれるようだ。
それとミズゴケが乾かないように管理してやることも重要
冬場は10日くらいは大丈夫のような気がしているが部屋の環境にもよることだろう。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    茎が次の苗になるとは便利ですね
    これだと長年再生させていけますね。
    久しぶりに雨が降りました。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      工程ダリアの増やし方は簡単なんですよ、茎の節から芽が出ますので沢山増やすことが出来ます、もっともダリアですから球根でも増やせますけどね
      自分の所では必要ないのですが、時々ほしいという人がいますので少し苗作りしてます。
      そちらは雨が降りましたか、ここは晴天でしたが寒くなりました。