ハクサイの種まきと冬至カボチャの様子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 よいよ八月もあと少し、暑い日もそろそろ終わりにしてほしいものであるが今日もまだ日中は30度を越えている、ちなみに午後2時だがここの室温が34度だ
それでも早朝は22度程度にはなるので、丁度まき頃だと思われる白菜の種まきをしておいた
白菜は移植嫌う食物らしいので、今回は菜園に直まきをすることにした
品種だが、昨年も使って余っている黄ごころ75の種を今回も使うことにした、昨日畝を準備してたので、菜園にマルチを張って種まきすることにした。

 

まずはいつも通りマルチを張って穴あけ

 

この畝に今回白菜もそうだが、キャベツも植え付けることにしている
それで手前の穴にはキャベツを予定していて10個穴あけをした。
キャベツは現在9センチポットで苗作りしているのでそれが本葉5~6枚になれば植え付けることにしている、植え付け間隔は35センチ程度として一応穴あけだけはしておいた。
畝の向こう側に今回の白菜を種蒔きするつもりで、植え付け間隔は50センチと広めに穴あけした、列の間隔は大体45~50センチ程度になっていた。
ということでマルチに穴あけした白菜の場所に瓶の底を押し付けて植穴跡を作り、ダイコンの種まきと同じようにして種まきをした。
種は小さいので5~6粒まくつもりだったが10粒くらい落ちたのもある
こんな感じだ

 

覆土をして水やりすれば種まき完了

上写真ではちょっと見難いが、小さな札が立ててあるところから向こう側に白菜が種蒔きしてある、手前のキャベツはマルチに穴あけしただけにしてある
それとトンネル枠はまだ必要ないのだが、野犬がマルチの上を歩かないように早めに立てて置いた、白菜が発芽しキャベツの定植が終われば、防虫ネットを掛ける予定である。

 今年はちょっと早めの7月24日に種まきした冬至カボチャ、日除けもしたことで一応順調に育っては来ている。
西洋カボチャなので本蔓に実らす方が良いらしいので、今回は脇芽から子蔓は1本のみ延ばすことにした。
ネットでググってみると冬至カボチャは脇芽を伸ばさず本蔓1本のみで育てるとか、そうすることで植え間隔は50センチ程度で十分とのことらしい
ここの場合は間隔を1メートル以上取ってしまった、4本しか植えてないが本来なら倍程度は植えられてただろう、苗は余ったので捨てたのだけど、ちょっとまずかった
これが現状の冬至カボチャとしてのえびす

そんなことで、ちょっと本蔓1本では寂しいので、脇芽を1本延ばすことで調整している

現時点では雄花の花芽は沢山あるが、雌花はまだついてるような形跡はない
そのうちにどこかに付くことだろう。
今回は親蔓1本子蔓1本の2本立てでやってみよう。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より より:

    今からでもカボチャは作れるんですね
    白菜は移植を嫌うんですね
    こちらはミニ白菜をPOT蒔きして発芽していますが
    移植後ダメなものも出てきそうですね。
    昨年は直播しましたが…。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんにちは~

      冬至カボチャは遅くとも8月初旬までに種まきを終えないとだめらしいです
      今からではちょっと遅すぎますね
      白菜は移植がダメなわけではないようですが、ただ、少し根にダメージを受けると生育が遅れるようで、なるべく根を傷めないように移植すると良いらしいですよ
      ということらしいので、キャベツはポットで育苗し、白菜は直まきにしました。

  2. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    まだまだ毎日暑いです。
    こちらも、白菜、キャベツ、ブロッコリーの種をセルやポットに26日に播き、順調に発芽しています。
    畑の野菜で残っているのはナスの第一弾と二弾、キュウリの第四弾(最終)、オクラ、つくね芋だけです。
    ナスもこの一週間ぐらいで引き揚げようと思います。
    畝も一斉に耕耘して溝揚げしないと、バラバラではミニの耕耘機もなかなか入れづらい場所です。
    9月に入ると朝晩はめっきり涼しくなりそうですね。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      秋冬野菜次々準備されてますね
      耕運はなるべく広くして作業したいですね、ここも畝の真ん中付近に取り残されたのがあり処分したくなります
      もう少しだと思いますが、日中はまだまだ暑いです。