大玉トマトはそろそろ終わりが近づいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年の大玉トマトはホーム桃太郎EXを栽培した、結果的に言うとあまりうまく栽培出来なかった、葉がある時期から枯れたようになって調子が悪く、ついには手入れを放置してしまう結果になった。
それでも収穫はかなり出来、割れたようなトマトは無いようだった
元気が無くなってきている現状のホーム桃太郎EX↓

 

網は害鳥対策の関係で被せてあり、多少は効果があるようだ

また、アロイトマトがある、今年初めて植えたもので、ほとんど放置したままで育てていた、それなりには収穫出来たが、ホーム桃太郎EXより見た目が悪い気がする。
下の写真が現状のアロイトマトの状況で、これもそろそろ終わりになるのかな。

 

栽培場所が悪かったのか、だいぶ穴があけられ虫に食べられたのが出て来ている
ここのトマトは一つ完熟させて種取りをしておこう
この地で何年も繰り返し栽培することによって美味しい固定種になるらしい。

 もう一つミニトマトがある
このミニトマトCF千果というのだが、何故か栽培途中で成長が止まりその部分から沢山の芽が出て団子みたいになってしまった
仕方がないのでバッサリ切り落として脇芽の成長を見守っていたが、ようやく成長し出し、上の棚までやっと到達してきた状況だ。

 

他のトマトとほぼ同時に種まきしたのだが、ようやくミニトマトが赤くなって来た
かなり成長が遅れたがこれからそれなりに収穫出来そうな感じがする
それにしてもメガネ現象は恐ろしい。

 最後に、今日でニンジンの種まき後3日目の朝を迎えた、畝の状況を見てみると
やはり地表面下をもぐって移動した形跡が見られた、昨日よりてまえのほうに形跡が移動している、今まで手前はやられてなかったのに、薬の効果はないのかなぁ

まだ発芽してないので昨日同様、押さえて平らにしておいた
今週中に治まればそんなに種も移動してないしうまく発芽してくれると思うのだが
毎朝これが続くと心配になる。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加