タナバタキュウリ接ぎ木作業をした 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まきしたタナバタキュウリ穂木も台木も7月7日、まだ9日にしかならない、接ぎ木は2週間程度は考えていたのだが、なんと穂木(北進)の成長が早く2枚目の本葉も出始めてきている、しかも大変な徒長状態になった、多少の徒長は問題ないと思っていたがちょっと徒長し過ぎになった、接ぎ木を急がなくてはならない。
また、台木の黒ダネ南瓜だが、これが穂木のキュウリに比べて遅れた
同じように徒長してくれればいいのだがそうはならない、呼び接ぎを予定していたので胚軸が穂木よりは短いのは良いのだがこれでは短か過ぎ、やりにくそう。
という感想だが全体の苗の状況をアップしておこう

上の方から見たのではよくわからないので横から撮影してみた
台木と穂木の状況だ

 

胚軸の長さが全然違うね
仕方がないがせっかく準備したので接ぎ木はやるしかない
とりあえず台木と穂木を取り出して見た

ほらね、こんなに違うのだから、いやになるね
とりあえずやってみよう

 

接ぎ木後の根の位置が全然違う、これを9センチポットに入れるのがなかなかうまくいかない
接ぎ木箇所にストレスがかかって外れたりするんだ

一応15本やってみたが2本は千切れてしまってダメでもう2本はたぶんダメだろうすぐに萎れだした、残り11本は何とか行けるのではないかと思うが、不安なのが幾つかある
もしかしたら今回は10本の接ぎ木苗が出来ないかも知れない
一応15本育苗トレイに入れ直射日光は避け倉庫内の日陰に置いておいた

明日の朝にはどれだけ生き残っているか結果が分かるだろう
今回も予備として接ぎ木しない苗もポットに移植しておいた
移植出来たのが9本

 

セルトレイからついている土を崩してなるべく深植えにしたのだが、それでもこんな状況だ
倒れるかも知れないので補強の竹串を添えておいた
それにしてもキュウリの接ぎ木毎回するたびに問題が出る
今回はうまくいったと思えたことは一度もない。

それにしても今日は昨日よりは暑い
午後3時になるのだが室温が35度ある、今日が今季最高気温かも知れない。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    横浜も最高気温だったようです
    綺麗に発芽していて気持ちよいですね。
    今年は第一陣がまだ元気です。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      第一陣がまだ元気で収穫できてるんですね、凄いですね
      ここは、第一陣はとっくにありませんが、第二陣がもうピークを過ぎようとしてます、情けないですね
      七夕キュウリで今年のキュウリは終わりにします。
      今日は特別暑かったです。

  2. Baldhead1010 より:

    おはようございます。

    これだけ長さが違うと、なかなか作業は難しいですね。
    うちの第二弾キュウリは畝の位置が午後に陽が当たらないためなのか、収穫もかなり下火になってきました。

    引き続き、第三弾が収穫でき始めましたが、苗の勢いが第二弾と同じで早く終わりそうです。
    きゅうりの種は固有名詞はなく、ただの節生りキュウリと言うことでたくさん入っていましたが、値段は安かったです。
    やはり、夏すずみなどの命名種は値段も高いだけあって、収量も違うようですね。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんにちは~

      そうなんですよ、これだけ長さが違うとポットに入れた時穂木は底についてしまうし台木は土からはみ出してしまうんですね、曲げたりしたら接合部が外れたり折れたりして散々でした、それで穂木の上の部分を長くとるようにして接ぎ木してごまかしましたがうまくいきますかどうか心配してます。
      ここに植え付けたキュウリ北進は1袋30粒くらい入ってます、夏すずみは17粒くらいでしたかね、これでは失敗のことを考えるとちょっと足りません、2袋買うには気が引けて買えません、お互いに悩みますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)