里芋の畝の草取りから芽欠き土寄せをしておいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日は朝から晴天、暑くなりそうな気配だった、少し早めといってもご近所さんがあるので8時にエンジンをかけ周辺の雑草刈を約1時間ちょっとやった、丁度満タンにしたガソリンがほとんど無くなっていた、流石に汗びっしょりになった。
少し休んで今日は他に予定していた作業がある、それが里芋の畝の草取り、それに脇芽が沢山出ているのでその摘み取り、そして土寄せ、土寄せは出来なければどうでもいいと思っていたがそこまで何とかやっておいた。
まずは今朝のサトイモの畝の状況、以前に草は取っておいたのだが、梅雨の雨でどんどん生えてきている、現状がこれ↓

それなりにいも葉は大きくなってきている
とりあえず除草、これが一番手間がかかる作業だ
何とか完了

通常ならこれで今日の作業はおしまい、となるところだが
今回は脇芽が沢山出ているので芽欠きをしておくことにした
里芋の芽欠きについてはやった方か良いという人もやらなくても良いという人もいて、よくわからないのだが、芽欠きをしないと小さな芋が沢山収穫できる確率が高いようで
昨年収穫したときは小さい物が沢山取れた、あまり小さいのは食材として処理するのがめんどくさかったので破棄処分してしまった、そんな訳で小さい芋を少なくするため今回は芽欠きをすることにした。
標準的な里芋の状況と芽欠きした状況

 

中にはどちらが脇芽か分からないものもある
こんな例外的なものはそのまま2本残しておいた

 

土寄せはけっこうきついので形ばかりの土寄せでごまかした

全体的にはこんな感じで作業を終えた↓

ここまでしておけは何とかなるだろう。

その他、この畝の続きにあるセルリーを撤収しておくことにした
この野菜あまり人気がないし葉が病気だろう黄色くなってしまった
撤収前の状況と撤収後だ

 

この辺りの草も刈り取ったから、すっきりした

また、空き地にしている場所に梅雨の雨で雑草が育ち大変な状況になってしまった
この地が乾いたら耕耘しようかと思っていたがとてもこの状況では耕耘できそうにない
特に一部に集中しているのだがこんな状態

この草はたぶん、オヒシバとヒメシバが主体となっているようだ
全体ではないのだけど、この草、枝から芽を出して増えていくようで、種と両方だから始末が悪い、そしてなかなか根がしっかりはびこって抜くのも困難
今回思い切って除草剤を茂っている場所に散布しておいた


上の写真でいえば上の方の雑草が茂っている場所に散布しておいた
あの草が枯れてくれれば耕耘しても楽なんだけどね。
それにしても畑には生えたばかりの草でびっしりだ。 

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    良く思い切ってやられましたね
    お疲れ様でした
    こちらも一度里芋の面倒を見てあげなくては…
    せめて水遣りしなくては….。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      ちょっと今日は頑張りました、一段階が終わる度に、ここでやめようと思いながら最後までやりました、暑かったです
      家がすぐ傍なので休んで元気が出たら作業にかかるということが出来るので何とか暑いなか出来たのでしょう。

  2. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    今日は梅雨明け宣言が出るような天気でした。
    畑の草取り、いざ、出て行ったもののヤブ蚊の猛攻と汗で、早々に退散でした^^;

    ナスの葉にもコガネムシやテントウムシダマシがかなりやってくるようになりました。
    今は暇なので朝夕に見て、見つけ次第潰しているのでいいですが、一斉に涌かれたら大変です。

    うどんこ病にはダコニール1000を予防的に散布していますが、今のところ発生は抑えられてるようです。
    畑のキュウリやナスの棚は蝉の抜け殻がたくさんくっついています。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      良い天気でしたね、明日もこんな天気だそうで暑くなりそうです
      茄子にテントウムシダマシ沢山やって来ますか、幼虫が生まれだしたら一気に葉がレースになりますね
      ここの茄子にはあまり見かけませんがそろそろ切り戻し剪定する頃になりました
      セミの脱け殻が沢山ついているようですが、楠木があるからでしょうね、これからセミの声で悩まされそうですね。