第二弾のキュウリの定植と同じくつるなしインゲン種まき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ュウリは現在収穫の最盛期を迎えている時期なので毎日のように収穫しているのだが、下の方の葉はうどんこ病がついて、放置すれば真っ白になる、そのため病葉はかなり排除しているのだが次から次へと伝染して広がるみたいだ、このままでは早く枯れてしまうだろう。
毎年のことだがいつもそんな状況になる、このことは想定していたので、第二弾のキュウリの苗を準備して来た。
そろそろ定植しても良いころになって来たので、離れた場所に定植しておくことにした
用意したのがこの畝↓

いつものように既製品の支柱を使って両側から植えるのだが、両方の場所になるべく重ならないように植え付けておくことにして長めに設置した
植えつける苗は10本を予定している。

そして植え付けはこんな感じで定植した

左側が6本、右側が4本で10本だ
そして網も、苗のある場所だけに掛けて、ない場所は掛けないで両面からの作業をしやすくしておくことで管理がしやすくなるだろう。
これで植え付けネット張りまで完了させておいた↓

写真ではネットがちょっと見難いかな
ところで苗の状況をアップしておこう
接ぎ木苗、北進が8本と3年くらい自家採取して育てている種、ほとんど固定種になってしまったのではないかと思う分を2本(接ぎ木ではない)定植。

 

上写真左が接ぎ木苗の北進で左が自家採取した種の苗。
第三弾のキュウリの栽培は7月7日に種まきする予定だが、この時は全部自家採取した種のみで種の購入予定はない。

 次にこの畝の続きに第二弾のつるなしインゲンの種まきをしておくことにした
このつるなしインゲンの仕様書は覚書としてコピーしておいたのでここに張り付けておこう

拡大しないと読めないので、どうせ読めないのなら小さいサムネール画像にして掲載した
仕様書に書かれているように間隔は35センチ、二列植としてこんな感じで穴あけしておいた

そしてへそを下に向けて種を置くということで、そのようにして1穴3粒づつ種まきしておいた

 

覆土をして種まき完了

後は野犬が種まき直後の畝を歩かないように周りに枠を立てて作業終了
本日はキュウリの植え付けとつるなしインゲンの種まきをした、天気は薄日が差す程度であまり暑く感じることはなく作業を進めることが出来た
今日作業した全体がこれ↓

梅雨に入っているのだろうがしばらく雨は降りそうにない。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    もう第二弾のキュウリ植えつけられたんですね…
    どうするか迷っていますが、中旬以降に植えるつもりです。
    インゲンは収穫していますが、ズラシで沢山植えているので
    大丈夫ですね。
    涼しい日でしたね。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      我が家のキュウリはうどん粉病が既に蔓延してまして、この調子では今日植えつけたキュウリが収穫出来だすまでには間に合わないかもしれません。
      インゲンはずらして植えてあるんですか
      我が家の場合は今日種まきしたので、とても続いて収穫は無理ですね。