ミニトマトの成長が止まってしまった、困った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニトマトは自作接ぎ木苗で品種はCF千果、ミニトマトは大玉トマトより栽培しやすいということで、放置していても大きくなり枝が張りあげてけっこう実もなりそれなりに収穫していたのだが、今年に限っては全然おかしい。
現状の状況はこれ↓

一番手前の分は萎れて枯れかけていて、いずれダメだろう
残りの3本は上部の幹が太くなりメガネ状況になってしまった
これでは成長は無理なので脇芽でも伸ばしてやろうと考えているのだが、うまくいくかどうか不透明、成長が止まった現状をアップしておこう

1の部分で成長が止まったので生長点をカット、そこの脇芽を伸ばしたら2の地点でまたメガネ
これではダメなのでずっと下の赤丸の脇芽でも伸ばしてやろうかと思っている
いずれにしてもこんな状態では良い訳がない。
とりあえずダメもとで同じCF千果の苗を2本購入して来た
それがこれなんだが、枯れかけた分は引き抜いてその付近に2本植え付けてやった。↓

 

この地の前作ははなっこリーもどきの菜花の栽培跡なんだけど、窒素肥料過多だったんだろうか、ここにはそんなに肥料を入れた覚えはないのだけど。

 今年は棚での栽培は無理かもしれないが、このままにしておこう
昨年だったらうまくいったと思うが、ミニトマトは長いこと栽培出来ムチャクチャ背が高くなるもんね。

 4日前に呼び接ぎしたキュウリ
今日は穂木の根からの茎をラジオペンチで押さえてつぶしておいた
なるべく早くキュウリの根から台木の根の方に移行してくれるように願っての処置だ
接ぎ木の現状はこれ↓

一つ取り出してクリップを外してみよう、接ぎ木後4日経過している

 

だいたいうまくいっているみたいだ、これならたぶん接ぎ木苗として使えるだろう
穂木の根を潰した状況はこんな感じ

うまく移行が進めば、潰した部分が自然に変色して枯れて来る
そうなれば切り落として何の問題もないが
あまりうまくいかない場合切り落とすと、萎れが激しくなったりしてしばらく日差しに当てられなくなり回復さすのにかなり時間がかかってしまう
最終的にはそれなりの苗にはなるのだけどね。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    確かにミニトマトは大きく育ちますからね
    こちらもトンネルの端にうえて外で伸ばすようにしています
    成長が止まるとは、困りますね。
    こちらも時々チェックしないと…。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      そうですね、ミニトマトで成長が止まったのは初めてです
      窒素過多と、このところの日照りで、水不足も原因かも知れません
      今までは水分過多でも幹は太くなりますが成長が止まるような現象にはなりませんでした
      この事は大変稀な現象でしょうね。