里芋の手入れとキュウリの初収穫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日も暑い日になったが、それでも午前中はそんなに暑さは感じなかった、今日も1時間程度は草刈り機で菜園周辺の草刈りをして、里芋の畝の除草を兼ねて中打ちをしておいた
里芋もしっかり葉を出して来ているようで、今年もそれなりの収穫が期待できそう
里芋の畝の状況は除草して整備したのでこんな状態、草に隠れていて見えなかったのもしっかり目立つようになった。

この畝はかなり長いので間隔を広くとって約30個の種芋が植え付けてある
種芋は昨年栽培した土垂れで数本掘り残していた分を掘り出して子芋をもぎ取って植え付けたものである、4月にもなれば収穫せずに放置していたサトイモの子芋も既に芽が出ている、里芋の芽がどこから出るのか分からず方向を間違えて植え付けることはなかった
子芋もさることながら親芋も5個ほど植え付けておいた
それに寒いころからポットで芽出ししていた分も2本植え付けてある
この畝はそんな状況の畝である
上の写真で手前から5本が親芋のなのでその状況から見てみよう、これが親芋

  

2枚の上写真で親芋の状況を挙げたが、一番大きかった親芋は葉が枯れてしまった、ダメになるのかと思っていたが、脇の方から新しい芽が出かかってきているので復活しそう。
次に普通の子芋の種芋を植え付けた分はこんな感じ

ちょっと親芋より小ぶりだが、見た感じそんなに大差はない、これから差がつくのかも知れないが、知人の話によれば親芋は他のよりもはるかにデカくなるそうである。
次に寒い時期から掘りあげた子芋を9センチポットでビニールトンネル内に入れて芽出ししていた分を植え付けたのもある、これもアップしておこう

これは親芋を植え付けた分とほとんど変わらないか、この方がどちらかというと大きい感じに見える、何故か脇芽も出ていて賑やかだ
晩秋頃に掘り出した時、状況を見て次回の栽培の参考にしよう。

 3月末ごろに種まきしたキュウリがやっと収穫できるようになった
このキュウリいろいろな面で、つまづいてなかなかうまく苗が出来なかったが、何とか収穫にこぎつけた、下写真が現状のキュウリ、状態の良いのは既に1.5m近く成長している。

今朝収穫したのがこれ↓

まだ、個体数が少ないので毎日という訳にはいかないが、かなり実を付けだしているので来月頃からかなり収穫できるようになるかと思う
ところでキュウリって現時点でスーパーで買えば3本で100円
家庭菜園で栽培するのは趣味でないと購入した方が得だね、今回苗作りで接ぎ木などの失敗などあって四苦八苦したのでそんな気持ちになったのかな。

 最後にもうじき第二弾のキュウリの接ぎ木が出来そうな状況になってきている
呼び接ぎを想定して多少徒長した苗の方が良いかな、なんて油断してたら徒長し過ぎて大変なことになってしまった、補強してやらないと倒れるんだよね
みっともない苗だが現状をアップしておこう。

まだ種まき後12日程度しか経過してないが本葉もしっかり出て来たのでそろそろ接ぎ木するころかなと考えている。

 今日もこれから水やりをしなくては。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    同じですね
    こちらもキュウリ初収穫しました。
    やはり採れ立てと思うと、美味しいですからね
    里芋は三年目の親芋の芽が出てきたので追加で植えるつもりです。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      そうでしたか、家庭菜園されてるかたは、皆さん収穫時期をむかえるようですね。
      里芋の親芋は何年も使えるのですか、そういうことなら効率が良いですね。