トマトと茄子をようやく定植した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日の雨はすごかった、まるで梅雨末期の激しい雷雨に襲われたみたいだった、菜園が水没するのではないかと思って見ていたが何とか畝まで水に浸かることは無かった。
明けて今日はまた暑いくらいの良い天気だ、菜園が少しぬかるんでいるのだが、明日は用事で作業が出来ないので何とか苗が出来ているトマトと茄子の定植をすることにした
作業は水はけの良い場所から始めるとして、当然トマトの定植から始めた
ここが先日畝を作った場所だが昨日の雨でかなり表面が流されている
少し溝の方から土上げして整地してマルチを張ることから始める
何もしていない状態の畝と整地した状態の畝

 

マルチを張ってからこの畝に支柱を立てる
定植は60センチ間隔で10本分、2列植にするので支柱20本用意して、間隔を測り印を付けて支柱を打ち込み、こんな感じにして完了

 

以前はこの上に雨除けハウスを組み立てて設置していたのだが、時間もかかり大変なので今は雨除けなしで栽培することにしている、そこそこ収穫出来れば良いということで・・・

 やっと準備が出来たのでマルチに穴あけして植え付けることにする
植えつける苗はこれ↓ 接ぎ木したホーム桃太郎EXだ

苗がかなり倒れてしまった、これは昨日の雨と風、ビニールトンネル内に水が入り水浸しになった上風で倒されてしまった、それでなくても倒れそうなヒョロヒョロ苗にしてしまっていたから大失敗だった。
そのためいくつかの苗は接ぎ木箇所からぽっきり折れてしまった
こんな感じで折れている、これがその苗↓

まぁ、こんな苗にしてしまったのが問題なんだけど、それでも20本は確保できているので定植した。

風で倒されないようにしっかり支柱に結びつけて固定しておいた
定植したトマト1本の状況もアップしておこう

一応花芽が手前に向くようには植え付けておいてある
後は順調に育ってくれることを祈るだけだ。

 次に、茄子もついでだから植え付けることにした
茄子の場合は既に畝も作ってあるし、植え付けの時点では仮支柱しか立てないのでそんなに時間はかからないし、植え付ける量もトマトの半分の10本だ
茄子の種類は庄屋大長と黒陽、それぞれ5本づつとした
これがその苗

 

定植間隔は80センチ、この苗の接ぎ木部分は既に瘤になっており倒れても接ぎ木部分が折れるようなことは無いが、頭でっかちなのでちょっとの風で倒れるから絶対に補強する必要がある
こんな感じで植え付け補強しておいた

 

植え付けると全体的にはこんな感じになっている↓

ここは排水には相当気を使って畝を作ってあるので昨年よりは水はけがよくなっていると思う、もっとも茄子は水分を好む植物なので丁度良い場所かも知れないけどね。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    もうトマトと茄子の定植されたんですね…
    良いですね、植えたらもう心配が半減しますからね
    こちらも強風で苗が折れないか心配でした。
    一応被害は無かったのですが花が折れたりしましたね。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      今年は全体的には暖かかったのでしょうか、苗が少し早く出来たような気がします、昨年よりは1週間程度早く定植しました。
      それにしても、今年は雨が多いですね。

  2. ぶぅパパ より:

    ぽあろさん、こんばんは~

    ナスの定植早いですね~
    やはり暖かいんですね、ぽあろさんの地域は。
    畝は去年カボチャが這っていたところでしょうか?
    水を好みますから地下水位が高い方が有利かも知れませんね(^^)

    私のナスは来月に入ってから定植する予定です。
    そろそろ畝立てしないと間に合わなくなりそうです(^^;

    • ぽあろ より:

      ぶぅパパさん、こんばんは~

      そうですね、今年は定植が早くなりました、全体的には暖かかったのかも知れませんね
      ここは余程干ばつにならないと水不足にはならないと思いますよ
      この畝はそうです、カボチャを這わしてました、昨年は水没させて腐ったり、蔓も早く枯れたりしましたので、今年は空中栽培にしますよ
      支柱は立ててありますが、まだ苗が出来ていません。

  3. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    昨夕の雨はすごかったですね!
    こちらの雨どころの村でも、24時間雨量が315mmぐらいとか、記録更新のようです。

    20日にナスの割り接ぎを予定していましたが、お天気もいいので、ちょっと早めに始めました。
    台木も穂木も徒長させて茎の直径は小さなものでしたが、台木にカミソリで切れ目を入れたり、穂木をV字にカットして挟んだり・・・・。
    穂木は滑り落ちるは、そのうちに萎れてくるはと、できそうなものではありませんでした。
    道具箱をひっくり返すと、スーパーアイドル26号というチューブがあり、それを台木と穂木に挟んでみるとちょうど合うようでしたので、急遽、チューブ接ぎ木に代えました。
    徒長させずに育てれば、本来ならぐんと大きな径の茎になっていたのでしょうが・・・。
    3日ぐらいは少し遮光して様子を見てみます。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      昨日の雨、確かにすごかったですが300ミリにはとても及びません

      茄子の接ぎ木お疲れ様です、割り接ぎや刺し接ぎは台木の軸がある程度太くないと加工に苦労しますね、それに台木の徒長も接ぎ木が不安定になりますね。
      割り接ぎの場合、加工がまずいと差し込んだ穂木がうまく固定できず、クリップで押さえれば、抜け落ちちゃって、イライラします、なるべくなら刺し接ぎにしたいです。
      チューブ接ぎが出来る太さなら、その方が断然楽ですね、もっとも26号はけっこう太いですね、自分は茎径平均2ミリ程度を基準にして接ぎ木してます