キュウリ穂木の種まきと接ぎ木した茄子の苗移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日はあまり雨は降らないと思っていたのだが、思いのほか日中かなり雨が降ってしまった、菜園などの外の作業は出来なかった。
そのため室内でもできるキュウリの穂木の種まきと接ぎ木した茄子の苗を9センチポットに移植することにした。
まずはキュウリの穂木の種まきから
昨日台木の黒ダネ南瓜の種まきをしておいたので1日遅れて穂木の種まきで進めている、今回の穂木の種は北進と、ときわかぜみどり↓

セルトレイ30穴に全部種まきするには北進では足りなかったので、ときわかぜみどりが昨年余ってたのでそれを使って全穴種まきしておいた。

 

消毒してない白い種が、ときわかぜみどりだ、3粒だけ足りなかった
覆土してこれで完了、昨日台木の種まきして育苗器に入れてあるその横に入れておいた。

 

数日で発芽してくれることだろう
この度は養生箱の関係で15本しか接ぎ木しないが、穂木の残りは接ぎ木しないで苗を育てるつもりである。

 他に接ぎ木した茄子の苗だが、接ぎ木後12日目になった、雨降りだし室内で出来るのでセルトレイから9センチポットに移植することにした
これが移植前セルトレイの接ぎ木した茄子の苗、けっこう徒長している

接ぎ木した苗は萎れるので光に当てるのがどうして遅れてしまうから徒長してしまうようだ、もっとこまめに光に当てたり遮光したりする作業すればここまではならないと思うけどね。
一つ取り出して見るとこんな状況

 

残念ながら1本のみ枯れていた、42本の内1本だから失敗とは言えない
これが枯れた苗(黒陽)

移植は9センチポットに黒陽が23本、庄屋大長が18本移植出来た

 

上写真左が黒陽で右が庄屋大長
外の育苗トンネル内に設置しておくことにした
ところで、同じ日に種まきして接ぎ木しなかった茄子の苗も9センチポットに移植して育っているので、これも掲載しておこう
流石にこの苗は徒長してない、苗としてみればこの方が今はよほどしっかりしている
双葉が枯れ落ちるようなこともなく勢いも良い

まぁ、去年もこんな感じだったので、最終的には接ぎ木苗も勢いを取り戻してくれて丈夫な苗に育ってくれると信じている。

 最後にトマトの接ぎ木だが接ぎ木後6日目になる、育苗器内に入れているが何とかなっていると思う、ただ、双葉はほとんど落ちてしまった

勢いを取り戻すまでにはもうしばらく時間がかかると思う。
それにしても今日の雨は時間的に量的にも想定以上に降ったなぁ。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    こちらも朝から午前中一杯雨で、冬のような寒さになりました。
    明日からは少し暖かくなる様ですね
    苗が徒長しないか心配になりますね。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、おはようございます

      そうでしたか、こちらも大気の状態が不安定で、冷たい雨や風で大変な1日でした
      今日は、晴れてます、昨日よりは良い天気になると思いますね
      接ぎ木は遮光しますのでそのとき大なり小なり徒長しますね。