宇宙いもの撤収と来年用の種芋保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日から12月だ、宇宙いもはグリーンカーテンとして夏の暑さを防ぐために栽培を始めたのだが、なんと今になってもなかなか枯れない、日差しの恋しい時にグリーンカーテンはもはやいらない。
そんなことで、このまま放置しておくわけにはいかないので撤去することにした
これが撤去前の宇宙いも(エアーポテト)

yasa2016-08261

簡単に撤去できると思ったが、網に蔓が強く絡んでいて、引っ張っただけでは簡単にはちぎれて外れてくれない、ハサミで細かく切りながらの撤去作業になる

yasa2016-08262

もっとも収穫しながらの作業も兼ねているので余計に手間取る
何とか蔓の撤去完了

yasa2016-08263

支柱と網はここからは排除するが、このまま解体しないで倉庫まで運んで保管することにしている、毎年ここに何らかの蔓性のグリーンカーテンをするのですぐに設置できるには解体しない方が楽、これで完了。

yasa2016-08264

何もなくなるとけっこうすっきりする
ところで撤去と一緒に収穫出来た宇宙いもがこれ

yasa2016-08265

そして、この宇宙いもは山芋の仲間ということで根にも芋があると聞いている、それを掘ってみることにした
5ヶ所植え付けていたのだけど、そのうちの2ヶ所を掘ってみた
これが掘り上げた宇宙いもの根だ

yasa2016-08266

種芋は1ヶ所に1個植え付けたのだが、たぶん芽が種芋の2か所から出たのだろう、2本の蔓になっている、彫り上げると蔓1本に1個の芋らしきものが付いているようだ、そのため4個あった、根のひげがむちゃくちゃ出ているのでこれをハサミで摘み取り洗ってみた
わりと大きなジャガイモ程度の芋が出来ているようだ。

yasa2016-08267 yasa2016-08268

上写真左は上から見た宇宙いもの根で、右はひっくり返して下の方から見た芋だ
底の方にはひげ根は出ていない、つるんとしている
まだ、食べたことは無いが、食べてみることにしよう
また、この宇宙いもは多年草らしいので放置しておけば、来年また芽が出て収穫に結び付くのではないかと思われるので、残りの三本はこのまま放置しておくことにした。

 今日は種芋としても保存しておくことにした
今年植え付けた時と同じ程度の大きさの芋を選抜して、サツマイモの時と同じように段ボールのもみ殻を入れその中に埋め込んで保存することにした

yasa2016-08269 yasa2016-08270

こんな感じで蓋をして、サツマイモと同じように冷蔵庫の上に置いておくことで保存が出来るだろう、来年の種芋として何とかなるのではないかと期待している。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    籾殻で保存とは理想的ですね
    こちらもハヤトウリは新聞紙よりも
    籾殻が良いでしょうけど…。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      段ボール+籾殻は最高の組み合わせだと思います
      我が家では全部無料で調達出来ますからね
      そう言えばハヤトウリ、今年腐らせましたからね。

  2. ぶぅパパ より:

    ぽあろさん、おはようございます!

    宇宙芋は土の中に種芋が出来るんですね!
    これを見ると山芋の仲間なんだと納得できますね
    植えたままでOKなら、手間いらずでグリーンカーテンが出来そうですね。
    私も来年は山芋的な何かを育てて見たいと思っています(^^)

    • ぽあろ より:

      ぶぅパパさん、おはようございます

      宇宙いもは山芋のような大きな芋は出来ないようですが、それなりの芋はあるようです
      来年ここから芽が出るかどうかはわかりませんが、一応このまま置いておきます
      もし、そうなるようでしたら、邪魔にならない場所に植え付けておけば毎年何もしなくても収穫出来そうですね。