タマネギの種まきとパンジーの移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タマネギの種まき

 日もそうだが、今週は雨の日ばかりになりそうで菜園の仕事が出来ない、どれだけ続くのかわからない、長くなればかなり支障が出来てきそうにな気がする。
こんな日でも出来る玉ねぎの種まきをした
えっ、タマネキの種まき雨なのに出来るのと思われるのかも知れないが、毎年のことだが玉ねぎの種まきは畑ではなく家の中でセルトレイにまいているんだ
これって結構手間がかかるんだけど、趣味でなければやってられない作業だと思うよ
まずは用意したのがセルトレイ200穴、以前は288穴を使っていたが大きめの穴の200穴に昨年から変更した、これがそのセルトレイこの数で1200程度の種まきが出来る

yasa2016-07726

用意した玉ねぎの種はこの三種類

yasa2016-07725

早生のソニックと中晩生のネオアース、そして晩生のケルたまの三品種、ケルたまは、今回が初めての栽培になるが、たいして変りはしないだろう
セルトレイには穴の中心に少しくぼみをつけて1穴1個種まきし覆土をすれば完了なんだけど、これが大手間で根気がいるね

yasa2016-07727 yasa2016-07728

知人が見に来たが、こんなこと出来るかと、ばっさり言われた
これが一枚のセルトレイが完了した状況

yasa2016-07729

雨の一日何もすることは無いので時間が過ぎれば半日もかからないうちに完了
一応種は1200粒以上種まきできた、内訳として晩生のケルたまの種は5.5mlで一番多かったので約600個、ネオアースとソニックは2.5mlづつだったので300個づつ種まきできた。

yasa2016-07730

上写真は倉庫と作業場の間の通路だが、日差しも当たらないのでここに発芽するまで置いて管理することにする、空籠で覆いをして、野犬にこの上を通られても大丈夫のようにしておこう
苗の数の予定としては1000本弱くらいは欲しい、頼まれているのもあるからね
自然環境の都合でタマネギはうまく発芽してくれないこともある、祈るしかない。

パンジーの移植

 ピートバン4枚に種まきしたパンジーの苗2枚が完全に虫に食べられてしまった、辛うじて被害が少なかった残りの2枚を移植した、移植前のピートバンの状況はこんな感じ

2016hana-0290

移植は128穴のセルトレイに一度移植し、成長させてその後9センチポットに移植する予定にしているから、まずはセルトレイに移植、用意したのがこのセルトレイ

2016hana-0291

育苗倍土が詰め込んである、ピートバンからは一つ一つ根を切らないように取り出してセル穴に埋め込む、これもかなり手間かかかるが、これで完成

2016hana-0292 2016hana-0293

ここで300本を予定していたのだか半分の150本程度しか出来なかった
予備の種まきをしているので、これから200本程度作って何とか苗として300本を、出来れば確保したいと思っている、ちょっと難しいかも。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    それにしても300本とは凄い数ですね
    こちらは30本も出来れば良いのですが
    トレーに播いていますが発芽は良くないですね
    もう一度種蒔き必要ですね。
    晩生ケル玉ですか、保存が良いなら作りたいですね

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      パンジーは知人に提供するのが300本の内半分程度ありますので出来ないと困るんですよ、パンジーの種は発芽が悪いですからね
      玉ねぎは昨年2種類でしたが、今年は3種類にしました。

  2. ぶぅパパ より:

    ぽあろさん、こんばんは!

    私もタマネギはセルトレイ派です(^^)
    200穴のトレイは持ち合わせが無いので贅沢に128穴を使いますが(^^;
    予備としてハウス内にも蒔きますが、セルトレイの方が上手く発芽してくれますね。

    • ぽあろ より:

      ぶぅパパさん、おはようございます

      そうなんですか、これって植えるときは植えやすいんですよね
      そのまま抜きながら植え付けられますから
      発芽についてはよくわかりませんが、環境異常に移動させて対応することができますから確率はよくなるかも知れませんね。