秋ジャガの植えつけと極早生タマネギの種まき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作業しようと思ったら雨が降って中々菜園作業がはかどりません、今日は先日から畝は作っていたのですが雨が降って延び延びになってしまったジャガイモを植え付けました。
暑さが多少治まって来たので一部の畝を耕耘してから始めました
予定としては白菜やレタス類を植え付ける畝の整備とジャガイモの畝の整備からです
作業前の状況↓

白くなっている畝が白菜などを植え付ける予定の畝で、牛糞のみを投入した茶色い畝がジャガイモの畝として使うつもりです
ここの畑は根こぶ病が発生するので白菜を植え付ける畝には牛糞もですがネビジンと石灰をしっかりばらまいておきました。
そして耕耘↓

 

途中で雨が降ったりしたので畝が出来たのが数日後でした
そして本日、昨日も雨が降りましたので畝の状況はこれ↓

せっかく肥料など施しておいたのですがかなり流されたことでしょうね
まずは2列に溝掘りしてジャガイモの植え付けをします
畝の状況と種芋↓

 

購入した種芋はニシユタカで2キロ購入
沢山栽培するつもりはないので購入したのは最小ロットです
畝には30~40センチの間隔で種芋を置いていき中間には化成肥料をいつも通り置いて植えつけることにしました。

向こう側に少し畝が余ってしまったので、どうしようかと思い、昨年秋に収穫したジャガイモが残っていたのでそれを植えつけることにしました
といっても、メチャメチャ芽が出て大丈夫かと思える品物ですがダメモトで植え付けておきました。
これがその倉庫に残っていたジャガイモ、たぶんニシユタカだと思う↓

どうなっても良いので同じように畝に置きました。
土を被せる前の状況↓

 

結局10個倉庫から持ち出したジャガイモを植え付けました。
土を被せて植えつけ完了です。

ジャガイモは年に2回収穫できるので家庭菜園には助かりますね。

今日は他に極早生タマネギの種まきをセルトレイにしておきました
品種は、こがねEXと新春玉葱の二種類です↓

種は4mlいずれも入っているので400個以上あるのではないかと思われますが、一応セルトレイ200穴で1枚づつ種まきをすることにしました。
用意したのがこのセルトレイ200穴で種まき倍土を詰め込みました↓

セル穴の真ん中に少し窪みを付けてその穴に1粒づつ落として、その後覆土としてパーミキュライトを掛けて種まきしました、こんな感じです↓

 

水やりをしたら稲の苗箱を被せて日当たりのない涼しい場所に置いて発芽さすことにします、こんな感じで納屋の軒下に設置しました↓

タマネギの種まきは、ソニックとネオアースが残っており彼岸過ぎに予定してます。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    おはようございます。

    長い戻り梅雨が済んだと思ったら、すぐに秋雨前線です。
    極早生玉ねぎフォーカスは9月15日に、早生のスパートは9月25日に播く予定です。
    玉ねぎ用にと128穴トレー用の穴開け器と、スライド式の種まき器を用意しました。
    高かったです^^;

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      そうですね、このところ天気が安定せず雨の日が多いです
      玉ねぎの極早生は9月始めとなってますので種まきしました、昨年と同じです、早生のソニックと中晩生は彼岸頃を予定してます。
      セルトレイに小さな種を一粒づつ種まきするのは大変です、穴あけ器や種まき器あると便利ですね、一気に作業が進みそうです。