サルビアの種のまき直しとゴーヤの種まき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サルビアは苗箱で発芽させて7.5センチポットに移植したのだが、大部分が枯れてしまった、原因はよくわからないが土のせいかもしれない。
現状がこんな感じで枯れた状況と苗箱にほとんど残ってない状況↓

 

それでも少しは状況が良い苗箱もあるのでそれもアップ↓

上写真の苗箱は生き残っている方が多いが、ほとんどの籠はダメだ
ただ、移植苗が余ったのでプランターに適当に移植しておいたのがある、これは枯れることは無く育つような感じだ。
これがプランターに移植したサルビア↓

やはり土なのかなぁ。
サルビアを移植する前に同じ土でマリーゴールドを6センチポットに移植しておいたのがある、これは一つも枯れることは無く順調に成長して来ている
これがそのマリーゴールド↓

サルビアには土が合わなかったのではないかと思うので、苗不足を解消するため、まき直しをすることにした。
今回はセルトレイ288穴を使って1穴2粒程度に種まきし育苗器の菜友器を使って発芽さすことにした。
写真はサルビアの種まき完了した状況とそれを菜友器に入れた状況↓

 

発芽すればすぐに外に出して管理することにしている。

次にゴーヤだがゴーヤはあまり食べないので栽培をしないつもりだったが、要求があって苗作りだけでもすることにした。
とりあえずセルトレイ72穴をカットしたものを使って冷温庫を使用して発芽さすことにする、ゴーヤはかなり高い気温にならないと外では発芽しないのでこの時期でも保温装置葉必須だ。
ということでセルトレイに種まきした状況↓

 

覆土はバーミキュライトを使った
冷温庫に入れ設定温度を30度にして発芽さすことにした。

 

25個種まきしたので十分の苗が出来るはずだ。

今日は雨降り、午後からは上がる予報だ、昨日と今日と2日続きの雨だが雨量は少ないし菜園には丁度良かったような気がする。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    こちらも30℃に設定して発芽させていますね
    今は追加のインゲンと枝豆を入れています

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんにちは~

      多くの野菜の種は25℃~30℃が発芽温度になってます、もう少しすれば外に出していても同じように発芽すると思いますが、加温することで少しでも早く発芽してくれますね。

  2. Baldhead1010 より:

    こんにちは。

    今日はあいにくの雨で何もすることがありません。
    畑に残っているのは空豆だけになり、これも5月初めには撤収しないと、跡に植える苗ものが待っています。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんにちは~

      ここも雨ですが昼までで止みました、四国の方がここよりも多く雨が降ったようですね。
      ここのソラマメはこれからが収穫の最盛期の感じがしますね、昨日までに約200本程度収穫しました、まだまだソラマメの収穫は続きます。