里芋の植えつけとオクラやインゲンの発芽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 里芋の植えつけは昨日の雨の前だから一昨日になるのだが昨年一部収穫せずに放置して置いていた場所から種芋を掘り出して定植するした。
そのまま放置していると腐る場合があるが栽培し出して過去に腐った年は1回あったが、それ以外は腐ることなく種芋にすることが出来た。
ここが昨年から放置していた里芋の畝と収穫した種芋↓

 

昨年の里芋は高温と水不足で途中で葉が枯れたりしてうまく育たなかったので収穫が少なかった、種芋は小さいものばかりが多いがその中で大きいものを選択して採取した。
そして今年植え付ける畝はここ↓

苦土石灰と牛糞を投入して耕耘すて1列植で畝の整備↓

 

種芋はは40センチ間隔で植えつけ、土寄せして植えつけ完了↓

 

植付けはセレベスが30個、土垂れが8個
既に芽が長く伸びているのもあったがそまま植え付けておいた。

4月の2日にオクラの種まきをしておいたのが3日で発芽して来た
現状がこれ↓

そこそこ発芽してくれたので冷温庫から外の育苗トンネル内に出すことにした
同じ時に蔓ありインゲンの自家採取した種豆を発芽テストで同じようにセルトレイに種まきしておいたがこれも発芽してくれるようなので栽培に使えそう。
これが発芽してきた蔓ありインゲン↓

発芽までは問題ないようだが、育苗トンネルではせっかく発芽してくれたのに何者かに根こそぎ食べられてしまう現象が起きてしまった
先日サルビアが食べられる現象が起きたので他の場所に移動させておいたのだが、今回発芽したばかりのキュウリが被害を受けてしまった
これが発芽して間もないキュウリ↓

全数発芽していたのに4箇所は全部無くなったし1ヶ所は葉がかじられた状況のまま残されているが、犯人が見当たらない、昨年も同じようなことが起きたがどうやらナメクジの被害ではないかと思われる、被害の状況がこれ↓

 

土に少し光っている感じの場所もあるのでナメクジに間違いないのではないだろうか
また、かなり大きくなったキュウリにはほとんど被害は見当たらない。
いずれにしてもここには置いておけないので別のビニトン内に移動させておいた。
今年のキュウリは災難続きだ。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんにちは。

    今日は朝から北風が強く、裏の大きなクスノキの古葉や新芽が吹き千切られて、畑や庭に散乱しています。
    ナメクジの食害ですか。
    畑には何が居るのか分かりませんね。
    明日、風が止めば、インゲン豆とトマトの植え付けをしようかと思います。
    朝はまたちょっと冷え込むようですね。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      クスノキは今が一番落葉が多い時期ですかね、でかいクスノキですから大変ですね。
      ここには畑にナメクジが居るというか、わいて来ますね、白菜などは収穫時に被害に合うことがあります、苗は発芽して間もない時期に主にやられますが、本葉が出てかなり茎も太くなると被害が無くなります
      ここもそろそろトマトを定植しようかと思ってます。

  2. 花より団子 より:

    キュウリも双葉から本葉が出始めているので同じ感じですね
    こちらも里芋をソロソロ植え付けるつもりです

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      そうですか、今年はもうキュウリは2回も種まきしてしまいました、失敗続きです。
      ここの里芋は植え付けるというよりも、掘り出して別の場所に植え替えたという感じですね。