茄子の接ぎ木とピーマンなどの移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 茄子台木と穂木の種まきをしてから45日程度経過して来たので接ぎ木をすることにしました、まだ、ばらつきもあり小さいような気がするのですが現状はこれ↓

 

上写真で左が台木の耐病VF、右が穂木の黒陽と庄屋大長となっている
ほとんど台木は双葉の下から斜めにカットし穂木の方は双葉の上になったり下になったりバラバラだが徒長ぐあいによって適当に斜めにカットしてやった。
こんな感じ↓

 

ウイズを使って接ぎ木が完成したのがこれ↓

ウイズは20番と23番を使用、主として23番が多かった
接ぎ木は同じ72穴のセルトレイに1とつ空き穴を残して入れた↓

 

これで接ぎ木は完了だが、全部で48本接ぎ木したことになる
庄屋大長と黒陽に分けてセルトレイには入れてあり、これを今回は菜友器にビニールシートを張って、その上から黒いシートを被せて遮光して養生管理することにした。
ちなみに昨年は自作の養生箱でやったが今回はこれに変更
こんな状況↓

 

たぶんこれで今年も何とかなると思っているが、もしものことがあるといけないので接ぎ木しない苗は9センチポットに移植しておいた
これがその苗↓

  

知人に提供する分も含まれているので量が多いが接ぎ木した分と同じ本数ある。

他にも9センチポットに移植した分でピーマンと鷹の爪
これも2月の初めに種まきした分で9センチポットに移植しておいた
移植前のセルトレイの分と移植後の状況↓

 

ピーマンが20本、鷹の爪が4本だが、植えつけるのは今年もピーマンは4本、鷹の爪は2本程度になると思う。

今時分はあれこれと種まきするのが多い時期だが、今日はネギの種まきもしておいた↓

 

1本ネギのホワイトスターと小ネギの浅黄系九条ネギ
セルトレイに種まきしたのだがホワイトスターは粒状に加工された種なので1穴2粒づつ種まきし、小ねぎは1穴に10粒くらい種まきしておいた。
一応バーミキュライトで覆土して種まき完了させた↓

農電マット使用の育苗トンネルには入らなくなって来るので設置した通常のビニトン内に置いて発芽さすことにする。

今日は雨降りだけど、これからキュウリやカボチャ、サツマイモの苗床といろいろ種まきがあり忙しくなる、あまり欲張らないようにしよう。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    もう暖かくなってきたので保温も楽になりましたね
    数年ぶりに采友器を取り出して使いましたね
    おかけでカボチャが発芽してきました

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんにちは~

      昨日などは車ではエアコンをかけました、車中は暑かったです
      ビニールトンネルもオープンにして群れるのを防ぎましたが今日はあいにくの雨、雨量は大したことはありませんがポツポツ降ってます。
      カボチャも種まきされたんですね、ここも彼岸になりましたから種まきしようかと思ってます。

  2. Baldhead1010 より:

    こんにちは。

    お天気の具合が分からないので、15日に空いてる畝を耕耘しました。
    キュウリも17日に挿し木にしましたが、なんとか発根しているようで
    本葉が大きくなってきています。
    今日はナスとトマトの挿し木苗を9cmのポットに植え替えました。
    今夜は大雨になりそうです。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんにちは~

      今日は四国の方はかなりの雨量になるのではないでしょうか、こちらの方は大したことはないみたいですが雨がシトシト降ってます。
      そちらはキュウリにしてもかなり早いですね、四月の初めには定植出来そうですね、こちらからみればやはり高知はだいぶ暖かい地域なんで、露地栽培も問題ないんでしょうね。