苗の状況と数日かけて菜園などきれいにしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 暖かくなり、じわじわと雑草が目立ってくるようになってきましたので、除草と空き畝は耕耘しておきました、花壇として花文字にして植えつけてあるパンジーとチュウリップも草取りをしました、しゃがんでの手作業にはくたびれました。
これが花文字の花壇↓

上写真で手前の畝にはチュウリップが植え付けてありほとんどが芽を出してくれてました、昨年収穫し保存していた球根を植え付けたもので約400個です。
もともと色が3色あったのですが、球根を色分けして保存することが出来なかったので混ざった状況で花が咲くことでしょう。

育苗器に種まきしたトマトやその台木、またピーマンも発芽してくれてましたので外の育苗トンネルに出しておきました、この前出した茄子の苗と同じ場所ですが現状がこれ↓

今回出したトマトの個別の現状がこれ↓

 

徒長ぎみだけど何とかそれなりに発芽してくれていると思う
上写真右の分にはトマトの台木のBバリアが発芽している、これはそこそこなのだけど別途Bバリアのみ冷温庫で発芽させた分があるがこれがしっかり徒長して使い物にならないのではないかと思える
これがそのBバリア↓

 

上から見た写真と横から見た写真を掲載してみた枯れてはいないが釣り糸状況でとても不安定、倒れてしまってもおかしくない状況になっていた
発芽させた冷温庫の温度が高すぎたのかも知れないし外に出すタイミングも遅かった
ダメなら仕方がないとしても穂木の方はそれなりに発芽してくれているので苗が足りないということにはならないだろう。
もう一つここに出したピーマンと鷹の爪がある
苗の状況がこれ↓

上写真で鷹の爪は一番右端の1列4穴に種まきしたが発芽してくれているのでこれだけあれば十分、ピーマンも4本程度しか植え付けないのでこれだけ発芽してくれれば問題ない。
ただ毎年のことだがうまくいかないことが多いね。

次に最初に育苗トンネルに出した茄子だが、これは何とか順調
その状況写真もアップしておこう、種まきから約2週間程度経過している
これが茄子の庄屋大長と黒陽↓

 

何とか順調
台木の耐病VFは↓

種蒔きした分全数発芽してくれているみたい
接ぎ木苗40本は目指せる状況になった
我が家が使うのは10本のみで大部分知人に提供することになるんだけどね。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんにちは。

    ぽあろさんに言われて、発芽の遅いものをちょっと掘り返してみると、白い芽が見えたので種まきのやり直しはしませんでした。
    今年の発芽が遅れたのは、どうも、種まき穴が深かった上に、覆土をかなり多く押し込んだからではないかと思っています。
    後からまいたトマトの種は、穴を浅くし、覆土も周りからの土を被せるだけにしたら、播種後三日目ぐらいで発芽しました。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      うまく発芽してくれて良かったですね
      ここでも発芽のバラツキはけっこうあります
      トマトはうまく発芽したようで良かったですね、ここのはほとんどが徒長ぎみだったので温度を少し低めにして時間をかけて発芽させたほうが良かったのではないかと考えてます。

  2. 花より団子 より:

    やはり保温すると発芽が順調に進んでいるんですね
    種蒔きした野菜は全部発芽しているとはやはり管理が
    良いからですね

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、おはようございます

      この時期に発芽さす夏野菜は発芽温度が高いので保温しないと発芽してくれません、そうしてもなかなか思うように発芽してくれません
      毎年四苦八苦してます。