キャベツとブロッコリーの移植と地這えキュウリの状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月3日に種まきしたブロッコリーとキャベツの苗セルトレイで育てていたが、2週間程度経過したのでセルトレイから9センチポットに移植しておくことにした
これが移植前のブロッコリーとキャベツ↓

本葉が出て間もないのだが移植する
移植は9センチポットに2本づつ移植することにした、1本枯れても問題ないようにと思い必要な苗の数は十分あるのでそのようにした
移植後の状況↓

キャベツとブロッコリーは苗の時は見分けがつかないのでポットの色を変えて間違わないように工夫した、ここの場合緑色のポットにキャベツを植えつけた
定植するのはキャベツもブロッコリーもそれぞれ10個程度を予定している。
育苗場所は先日葉ボタンを育苗している場所のトンネルを伸ばしてすだれで日陰を作り育苗することにしている
これがその現状、向こう側のが葉ボタン↓

ここ数日の暑さは大変なものでとても稚苗は直射日光には耐えられないだろう。

キュウリについては地這えキュウリを植えつけて20日あまりになる
暑いので定植後から直射日光をさえぎる為寒冷紗を掛けていたがだいぶ伸びて来て必要なくなったので取り除くことにした、キュウリの葉には沢山のウリハムシて穴だらけになってボロボロになったのもあるが何とか生長して来ている
寒冷紗を廃止する前と取り除いた後だ↓

 

周りが草だらけになっているが、除草しないでこのまま放置しておこう
まだ、1メートル程度しか伸びてないが花が咲き実を付けているのもある
実の状況がこれ↓

地這えキュウリは今回は植え付けたままで何もしてないが、このまま放置して育てることにする、それなりに収穫出来ればよしとしよう。

最近は日差しが強く雨が降らないし、気温も35℃で推移しているので畑はカラカラ、ほとんどの野菜や草木は葉をだらんとして枯れるのではないかと思われるくらいだ
水やりも大変で何とかしなくてはと思っていたが、丁度廃止した水路に水が出て来出した、誰かが流してくれているのだと思う
このさえポンプを持ちだして畑の通路に汲みあげて流してやることにした
これがポンプ↓

 

暑さで水やりは大変だったが助かった。
それにしても窓全開で、部屋の最高温度は37℃だった
暑いはずだ・・・。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんにちは。

    この頃は午前中からエアコンを点ける癖がついて、日中は外に出る気力もありません。

    過日植え付けたキュウリは、成長点が黒ずんできて、成長を止めているようです。
    たぶん、ものにはならないと思います。

    その点、今年のナスは追肥が効いているのか、幹の先の方位へ次々に花を着けるので、切り戻すことができません。
    ちなみに、住友液肥1号、2号を4,5日に一度、100~120倍ぐらいに希釈して、穴あきマルチの肩の穴部分に灌水代わりに与えています。
    100倍は濃いかと思いましたが、肥料に負けることなく、葉の色合いも濃くて生き生きしています。
    このまま肥料と水を与えて、どこまで花を着けるのか見てみようと思います。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      ここ数日の暑さは半端ではありませんね、高齢者は外に出ないでエアコン内でじっとしているしかありませんね、人の迷惑になりそうですから
      茄子は切り戻ししなくても花が次々咲くんですか、管理が良いからなんでしょうね、ここのは花が咲かなくなってきましたから、先月に切り戻ししました、今では新しく葉も茂りそろそろ少しづつではありますが、収穫出来そうです。

  2. 花より団子 より:

    こちらも間引きは二本残しにしています
    暑くて苗がどうなるか心配ですね

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、おはようございます

      そうですね、こんな暑さでは大概の作物が生育に影響してると思いますね、また、この時期の種まきも、気温が下がるタイミングを狙う必要がありますね。