キュウリの断根刺し接ぎをした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キュウリの台木と穂木の種まきをしてから今日で9日目、発芽してから1週間程度になる、本葉が少し出て来出したのでこの時期で断根刺し接ぎをすることにした
下の写真は台木の新土佐南瓜と穂木のVR夏すずみとつばさだ↓

 

接ぎ木本数は20本とすることにした
台木をカットして穂木も双葉から2センチ程度の下の部分をカットそしてその部分をそいで台木の本葉の所を取り除いて穴あけし差し込む
こんな感じだ↓

 

台木の南瓜の幹は真ん中が空洞になっているので少し斜めに竹串など挿して穴あけしそこに差し込んだ、ただ、これがうまくいかなくて台木が割れることがあり全数クリップで補強しておいた
完成したのがこれ↓

一応20本接ぎ木をすることが出来た、接ぎ木したのを植え付けたのは40穴のセルトレイだ、つばさが12本でVR夏すずみが6本
栽培するキュウリは10本程度を予定しているので半分でも接ぎ木が成功してくれれば問題ないのだが、全数ダメになることも考えて接ぎ木しない苗も残している
これが残ったキュウリの苗↓

10本以上あるが、本葉がもう少し出て来たら9センチポットに移植する予定にしている、この苗が必要に無くなることがほんとは望ましいのだけどね。
接ぎ木した苗は自作養生箱内に置くことにして、設定温度を28℃くらいにした↓

 

この装置、茄子はうまく成功するのだが、キュウリはなかなかうまく成功しない
今回は何とか成功して欲しいものである
1週間このまま暗箱にして管理しよう。

ところで先日接ぎ木したトマトと茄子の状況もアップしておこう
茄子もトマトも接ぎ木して半月以上経過している
まず茄子は接ぎ木した分全数成功した、16本↓

トマトは失敗がおおく半分くらいしか成功しなかった
何とか生き残った状況で、ここまでくれば枯れることは無いだろう↓

トマトの品種は桃太郎T93EXで12本だ、必要としているのが20本なんだが、足りない分は接ぎ木しない苗を確保しているので苗の数としては問題ない。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    接ぎ木苗も次々と出来てきていますね…
    こちらは先行栽培用に実生苗でナス、トマト、キュウリ各2本づつ
    購入してきました。
    時期づらしで栽培したいですね

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      そうですね、キュウリは収穫期間が短いので時期をずらして何回か栽培したいですね
      トマトも2回くらいは栽培したいと思ってます。

  2. Baldhead1010 より:

    おはようございます。

    断根刺し継ぎ、なかなか難しそうですね。
    うまく発根して、癒合するといいですね。

    ナスは二弾まで、キュウリは三弾まで計画しています。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、おはようございます

      接ぎ木は、茄子だけには自信があるのですが、トマトとキュウリは今だにうまくいきません、何か基本的な間違いをしてるのではないかと思い検証してます
      キュウリはここも収穫ができそうになった頃に次の種まきをするようにしてます。