トマトの接ぎ木をした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トマトの種まきをしたのが2月13日、種まきから28日程度経過した、幹径がそろそろ接ぎ木する大きさになって来たので実行した。
接ぎ木は呼び接ぎも考えていたのだが、斜め切りしてウイズで止める方法で懲りずにすることにした、昨年もこれで失敗したのに。
トマトの台木と穂木の状況はこんな具合だ↓

 

上写真の左が台木のBバリア、左が穂木の桃太郎93EXとミニトマト千賀
今回ミニトマトの接ぎ木はしないことにして、接ぎ木をするのは桃太郎93EX
接ぎ木した分は同じセルトレイに入れて養生管理するので、台木はセルトレイからそのまま外し穂木は根元から切り取って準備↓

お互いに斜めに切断した箇所を合わせてウイズで固定
接ぎ木はこんな感じになる↓

台木の双葉の上で接ぎ木をした、台木や穂木の形状によっては台木の双葉の下で接ぎ木した分もある
いずれにしてもトマトの接ぎ木確率が悪く昨年も失敗したのであまり期待は出来ない
24本接ぎ木して菜友器にビニール掛けしてその上に黒いシートを掛けて光をさえぎるようにしておいた
状況がこれ↓

1週間程度これで様子を見ることにする
また、失敗のことを考えて、接ぎ木しない苗を9センチポットに移植して農電マット使用の育苗トンネル内に入れておいた↓

20本程度のを植えつける予定にしているので、ここまでしておけば何とかなるだろう
数日後には茄子の接ぎ木も予定している
茄子は台木の発芽が極端に悪かったので接ぎ木できるのが16本しかない
植え付け本数の予定は10本、全数接ぎ木に成功すれば問題なく苗は足りることになるのだが。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    いよいよ夏野菜の接ぎ木が始まりましたね。
    自分は2018年から接ぎ木を辞めて挿し木のみにしたので、もう、接ぎ木の段取りをすっかり忘れてしまいました。
    9日播きのキュウリは8粒でしたが、どうも発芽したのは6粒だけで、発芽率が悪く、ほんとに高い種代です。
    昨年は植え付けてから枯れ苗が出たので、益々高い苗代です。
    今採れる野菜はホウレンソウと極早生のタマネギです。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      また失敗になりそうな気がしますが、懲りずに始めました
      数日後には、茄子を始めます、失敗しても、接ぎ木しない苗を育てますのでホームセンターに苗を買いに行くことはないでしょう
      キュウリの種袋入り8粒ですか、ふつう17粒入くらいなので、それでも高いと思ってました、キュウリは数回に分けて種まきしますので、ある程度数がないと何回も種を購入するようになります。