ちょっと遅れたけどタマネギに追肥をしたよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いたいタマネギには12、1、2月と3回追肥をすると良いとされているので、そうするようにしている、今月はその2回目の追肥になる、中旬にはしようと思ってはいたのだが寒いし何だかんだあって遅れてしまった
昨日までの冷え込みも緩んできたし、曇りがちで良い天気ではないが動きやすくなったので草取りをして追肥をしておいた、タマネギは寒波で傷んでいるかと思ったが、この程度の寒波ではほとんど影響受けていないようだ
これが作業前のタマネギの畝の状況
yasa2016-0061
寒い時期なので草は生えてないと思いきや、植え穴の横などからけっこうはみ出している
yasa2016-0062
ここは田んぼだったので田んぼ独特の草が生えてくる、以前にも草取りをしたのだが次から次へと生えてくるようだ
雑草を取り除いて追肥として888の化学肥料だが植え穴に施して完了
現時点でのタマネギの成長具合を見てみると、晩生はまだ普通のネギだ
こんな状態↓
yasa2016-0064
早生のソニックは晩生と同時に植え付けたのだが少し根元が膨らんできているようだ
下の画像がそうだ↓
yasa2016-0065
この次の追肥は追肥としては最後になるが2月20日頃に実施することにしよう
作業終了後のタマネギの畝
yasa2016-0066
あまり変化はないが少しはすっきりしたつもりである
今年はいつも栽培している畑と違う場所なのでうまく栽培できるかどうかわからないが気をつけて栽培しているので、それなりのタマネギになって欲しいものである。

昨日愛菜花育苗器に種まきしたブロッコリーとキャベツだが、育苗器で発芽させた場合、徒長して困ることがしばしばなので、今回はそうならないようにしたいと思う
原因として1つは発芽後に早く日光に当てることだが、もう一つ発芽する時点の地温が問題なのではないかと思う
発芽時間が少し遅れてもなるべく低い温度の方が徒長が防げるのではないだろうか
というのも水耕栽培で同じ条件のスポンジの上で発芽さすのだが気温が高い時には徒長してしまって、気温の低い時期には徒長しない
それを思い出して今回種まきした愛菜花の地温はどうなっているんだろうと思い、計って見ることにした
愛菜花には温度計はついてない温度を調整するダイヤルはついている
目盛りは4付近で設定していたが現時点で測定してみたら29度もあった
yasa2016-0068
これでは夏の温度だ、設定を見直さなくては
ちなみにブロッコリーの発芽温度は20~25度、キャベツは15~30度
ということで20度付近まで下げて発芽を促すことにしてダイヤルの設定がどこがいいのか探している、外気温も関係してくるのでそのあたりを考慮するとこの装置では正確にコントロールは出来ない
ダイヤル位置は経験と勘に頼るしかないが、少なくとも高温で発芽さすことは避けたい。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    おはようございます。

    玉ねぎには今までは無施肥で栽培していましたが、昨年12月に一度施しました。
    あまり遅い施肥はよくないらしいですね。

    寒冷期の温度調節なかなか難しそうですね。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、おはようございます
      そうですね、タマネギに施肥は3月以降にはしない方がいいとされてますね
      日持ちせず腐りやすくなるそうですが、昨年栽培した場所では、2月に1回だけしました
      今年は田んぼなので、一応3回することにしてます、吉とでるか凶とでるかわかりませんけど。

  2. 花より団子 より:

    こちらは追肥は2回でもう一回は来月中旬この予定ですが
    大きさは同じ感じですね
    今はエンドウと玉ネギだけが楽しみですね。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、そうですか、追肥は1回でも2回でも結果があまり変わらないような気がしますが一応こんな感じでやるようにしています
      晩生のタマネギでも持つのは収穫後今年いっぱいくらいでしょう、いくつかは腐りますし芽が出たりしてスカスカになるのも多々あります。
      菜園のタマネギは何とかな持ちこたえてますが、エンドウ豆はかなりダメージがあるようで、全部枯れることはないと思いますが、収穫にはかなり影響があるのではないかと思ってます。