カボチャとサツマイモの状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここのカボチャはえびす、西洋カボチャということなんで基本的には植え付けて本蔓と子蔓2本で育てることにした、ちょっとは実験もしたのだが、最初は順調だったが最近は根元の方の葉が黄色になって生長が止まってしまった
現状がこれ↓

 

5本植えつけているのだが手前の方が生長が悪く向こう側の方が生長が良い
手前は既に蔓は全く伸びなくなったが一番向こうは未だに伸び続けている
実付き手前の方が悪く1本に1個の実が付かないのもありこんな蔓は意味がない
また、1個しか実が付かないのに途中で肥大化が止まってしまったのも出ている
いくつか現状の写真をアップしておこう↓

 

1蔓に2個付いて同じように育っているのもあるが下の写真のように、1蔓に1個しか付いてないのに生長が止まったのもある

西洋カボチャの収穫は受粉から40日以上とされているので、まだ20日あまり、もう20日くらいかかるのかなぁ、現状のヘタの部分を見てみるとまだ真っ青だ

先に木の方が枯れなければいいが、この調子では何とも言えない。
今のところ収穫に結び付きそうなのか13個だ、少し減るかも知れないが。

・サツマイモを植えつけてから今日で10日以上経過して来た
どうやら完全に活着したみたいで今回の植えつけは成功した
昨年は芋蔓を植えつけてかなりの葉が枯れて、枯れるのではないかと思った分もあったが枯れることなく元気に育ったが芋は不作だった(芋蔓だけはよく出来たのだけどね)
不作になったのは植え付けた時の芋蔓の葉が沢山枯れたのが原因だったのではないかと考え、今回は植え付けた葉を枯らさないように植え付け蔓周りに草など敷いたり、あるいは一部に黒色寒冷紗を掛けて日差しを弱くしたりしていろいろやってみた
その結果ほとんど植え付けた時の葉を枯らすことなく活着した
現状がこれ↓

寒冷紗を掛けた場所と、草を敷いた場所との比較をしてみると

 

どちらも枯れることはなかったが、どちらかというと寒冷紗を掛けた方が葉に傷もほとんどなく、生長も少し良いような感じがしている
上の写真で左が寒冷紗を掛けた場所で、右は寒冷紗は掛けてなく草などを置いて、芋蔓の葉がマルチに触れないようにしておいたものだ
どちらも昨年よりも葉の状況も良くしっかり根付いてきているみたいだ。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    カボチャも5本で13個も収穫出来れば十分ですね…
    こちらは二本で4,5個でも採れれば良いかな
    もう二個は大きくなっていますが、何個受粉できているのか
    分かりません。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      最初は1本で2個収穫と予定してたんですよ、その意味では良いのですが、問題は個別に見ると1本に1個も付かないカボチャもあり無駄に栽培したのもあるのですよ
      まぁ、その分だけ他のカボチャが負担してるのですが、ちょっとおもしろくありません。

  2. Baldhead1010 より:

    おはようございます。

    昨夕は雷がなってすごい夕立でした。
    マキタの電動草刈り機が手元に届いたのですが、樹脂刃の交換がよく分からないので、今日はマキタの営業所に電話して、機械を持ち込んで習ってこようと思います。

    家内が息子のところに、この夏第一弾の夏野菜を送りました。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、おはようございます。

      夕立ちが来て雨が降ったのですね、まるで梅雨が明けした感じですね
      マキタの草刈り機届いたのですか、通常に使えるようになったら、エンジン機との違いなど知らせてください、変わりないようなら、高齢も進みますから自分も考えて見たいと思ってます。
      夏野菜の宅急便始まりましたね、喜ばれることでしょう。