一本ネギの植え付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月に入った、先日は葉ネギの定植をしたのだが、今回は一本ネギの定植をすることにした、春に種まきした苗は30センチ程度の十分な大きさになっている
今日はこれを採取して植えつけることにした
まずは苗の状況だがこれ↓

 

100本程度植え付けようと思っているので、余るほどあり十分な量は確保できる
小さい分など破棄して程度のいいものばかり選択して定植することにした
植えつける畝はすぐそばのここ↓

ここに1列で植えるつもりだが、全部に植え付けると多すぎるので約半分くらい植え付けて終わりにしようと思う、それでも100本は植え付けられる予定だ。
ということで真ん中に鍬で溝堀りし苗は5~6センチ間隔で並べて置いた

 

根元に酸素が不足するので藁を溝に埋め込んで土寄せするのだが、藁が最近は無い、それで先日ソラマメを撤収した折に出た残渣が乾燥していたのでそれを切り刻んで利用することにした、これがそのソラマメのガラ

押し切りで切り刻んでネギの根元に入れてみた
こんな具合だね↓

 

土寄せして一本ネギの植えつけ完了、しっかり水やりしておいた↓

 

後で数えてみると約120本程度植え付けたことになる
苗はまだ半分程度残っているが、必要な人があれば持って行ってもらおう。

・余談だが、昨年は一本ネギとして根深を育てていたが分けつが多くてなかなか太いネギが出来なかった、そんなこともあって今回はこの一本ネギにした
ただ、昨年からの続きでその根深に坊主が出、放置していたら種が出来ていた
現状がこれ↓

 

触ると種がぽろぽろ落ちる、ちょっと摘み取って皿に受けて種を叩いて落としてみた、すぐにこんな程度は種の採取が出来る

 

数百個はあるだろう
驚いたことにこの坊主の中にも小さな生き物がかなりいるようだ、種と同じ黒い色をして、種よりは少し小さめの生物だが、皿の中の種が何故か動いているように見えた
よく見ればこんな虫だった↓

こんなところにも命をつないで生き残っていく生物がいるのかとつくづく感心する。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    九州南部が梅雨入りしましたので、四国も来週末には入るかもしれません。
    ネギの種の中に居る黒い虫は、ネギによく着く黒色のアブラムシですね。
    畑のネギに、今もたくさんくっついています^^

    梅雨に入って畑がぬかるむと仕事にならないので、第三弾北進キュウリを植え付けました。
    この畝は2回ほどダコニール1000を千倍にして灌水殺菌をしています。

    畝の真上に大きな楠が張り出してきており、雨の日は大粒の雨滴の落下がひどく、そこいらあたり泥跳ねで汚くなります。
    はねた泥は葉っぱの呼吸阻害や細菌感染もあるので、植え穴で黒マルチが空いた株元周辺に切藁を敷きました。
    稲わらは、何年か前に軽トラック山盛りにもらってきたものが納屋にあります。
    また、切藁は、昔、親父が使っていた「食み切り」があるので、それを時々使っています。

  2. ぽあろ より:

    Baldhead1010さん、こんばんは~

    後1週間もすれば、梅雨入りとなるんでしょうね、近年は異常気象なので、今年も何処かで災害が発生することでしょう
    その後は台風と、注意する時期になりましたね。
    ネギの虫は、ネギアブラムシでしたね
    土の消毒はやるべきですね、毎年同じ病気などで苦しめられます。
    今年の秋には、知人から、藁と籾殻をいただくことにしてます。