サツマイモの芋蔓の植え付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日自前で育てている芋蔓を摘み取って60本程度バケツに入れて葉が萎れないように日陰に置いて発根を促すように管理していた、まだ発根はしてないが萎れてはいない。
これがその苗でこれを植えつけることにする↓

芋蔓は日にちが経って萎れているくらいの方が良いというのを聞いたこともあるし、なるべく現在ついている葉を枯らさないように育てる方が良いとも言われる
毎年サツマイモは栽培しているが、マルチを張っているので植え付け後のギラギラ太陽と倒れた葉がマルチに当たって大部分の葉が枯れてしまう、それでも芋蔓が枯れることはなくそれなりに元気に育ち収穫もそれなりに出来ている。
ただ、今までは満足できるような収穫にはならないのが現実、もちろん栽培土などの環境の問題もあるが、今回はなるべく葉が枯れないように栽培してみようと思う。
植えつけるのは今まで通りにするのだが、植えつける時間は朝からではなく夕方に植えつけることにした。
これが夕方植えつけるに苗を並べて植え付けようとしているところだ↓

40センチ間隔で植えつけるのでカッターで20センチ程度の切り込みが入れてある
植えつけは15ミリ程度の棒を斜めに差し込み、その穴に苗を差し込んで後で少し押さえてやる方法だ。
植えつけ完了したのがこれ↓

 

植えつけ完了し、ここで日没のため作業終了。
あくる日に根元に草や藁を置いたり、一部は寒冷紗(黒)のトンネルを作ってやった

 

全部藁を敷いてやりたかったのだが、手持ちの藁が無いので昨日タマネギを整理したときの葉くずが捨ててあったのでそれを利用して根元に置いた、上の写真がそうである。
また、一部には黒の寒冷紗で日除けをしたらどうかと思いやってみた↓

どれだけ芋蔓の葉が萎れるダメージを避けることが出来るのか見てみたいと思っている、幸運なことに今日は朝から雨模様、と言っても土砂降りの雨が降る訳ではないがポチポチと降る程度、夕方には晴れるようになるらしいが、植えつけたタイミングは完ぺきだった。
植えつけた畝全体はこんな状況↓

この畝の続きにもう30本程度は植え付けられるが、やめとこう。

今日は雨が降るのを予定してなかったので収穫したタマネギがそのまま畝に置いて干してある、早朝一輪車に積んで倉庫の庭まで運び転がしておいた
邪魔になるのでボチボチ紐でくくって後始末をしなくては。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    おはようございます。

    黒マルチで葉っぱが焼けて枯れるのは嫌ですね。

    寒い頃なら地温も必要ですが、これくらい温かくなると、温度が上がりすぎるぐらいです。
    かといって、泥の跳ね上がりは着けたくないし。
    今作っているミニレタスは、黒マルチを剥ぐって雨除けにビニトン掛けにしています。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、おはようございます。

      植え付けたばかりの苗は萎れて葉がマルチに触ってしまいますね、気温の低い時期ならともかく、この時期はマルチに貼り付いた葉は、汚いし復活しませんね
      レタスについては経験があるのですが、全体が広がってマルチにピッタリひっつき、白く枯れ、ダメかと思ってましたが、復活しました。

  2. 花より団子 より:

    玉ねぎ吊るしも結構大変ですよね….
    今年は少しづつ収穫して、吊るし終わったら次にまた収穫するよう
    繰り返ししています。
    それにしてもサツマイモ凄い数ですね
    焼き芋にして販売できそう。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      タマネギはだいたい300~400程度あるので作業は結構大変です
      一度に作業を終わらすより、花より団子さんのやり方の方が足腰などに負担が少ないようですね、やり方を考えた方がよさそうですね。
      サツマイモはまだ植え付ける苗もスペースもあるのですが、持て余すのでこのあたりでやめときます。