ピーマンの支柱立てと芽欠き及びキュウリの苗について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピーマンは植えっ放して何もしないで放置していたがかなり生長して脇芽がたくさん出て来たので脇芽を摘み取り、補強のための支柱を立てておいた。
作業前の現状のピーマン↓

ここには普通のピーマンと、カラーピーマンが4本づつ植えつけてある
ちょっと多過ぎたのだが畝が余りそうなので一杯に植えてしまった
個別の現状がこれ↓

 

カラーピーマンの方が少し成長が遅いみたいだ
脇芽がたくさん出ているし花も咲いているので先端の3本ほど残して下の方の脇芽は全部摘み取ってやった
作業前と作業後の状況↓

 

全体的にはこんな感じした↓

一応追肥もしておいた
このままでしばらく見守ろう。

・先日種まきして苗を育てているキュウリの状況をアップしておこう
種まきしたのが既に2週間以上経過している、23本発芽し双葉が出ていた時に何者かに双葉が食べられ辛うじて生き残ったのが12本

そのうちの双葉が無傷だったのが4~5本だった、それでもそのまま育てていたが10パーセントくらいしか双葉が残っていないのも何とか本葉が出てきて生長して来た
夏すずみで双葉の残りぐあいで本葉の成長の具合を比べてみた↓

双葉の失いぐあいで生長がかなり違ってくる様子がわかる
ただ、双葉が少しでも残っていればキュウリは枯れずに成長することが出来るようだ
5~6本くらい苗が出来るかと思っていたが10本くらいはそれなりの苗が出来そう。

今日も良い天気で暑い日になった
夕方には水やりをしなくてはならない、けっこうきつい。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    今日も日向は真夏のように暑かったです。
    双葉があるとないとでは成長にずいぶんな開きがありますね。

    こちらの第二弾北進キュウリも本葉の三枚目が開き始めたので、そろそろ植え頃です。
    あまり薬剤は使いたくないのですが、発生するとどうしようもないので、4種類ほどの殺菌剤のローテーションで、細菌に起因する病気を防ぎたいと思っています。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      今日はここも暑かった日でした
      たまたま双葉が揃って出た時に何者かに全体を食べ荒らされた状況で、成長の度合いのテストが出来ました、双葉は本葉が出る時にはかなり重要な役目をするんですね
      ここも定植したら消毒するようにしますよ、4種類も薬剤は持ってませんが。

  2. 花より団子 より:

    こちらもピーマン、パブリカ、シシトウ、伏見甘長を一畝に植えました
    皆同じ葉なので混ぜてしまうと分からなくなりますね
    苗が小さいのでビニトンを掛けました。
    芽欠きがあるんですね、忘れないようにしなくては…。

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      ピーマン類を植えられたのですね、これらはうまく育てないと、なかなか大きくならず小さいままで終わってしまいます
      ビニトンは良いですね。