茄子の接ぎ木後10日で外に出した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週はいろいろあって大変な魔の1週間だった、やっと終わり新しい週になって、少しゆとりが出て来た、天気は良いのだが冷たい風が吹き、まだ暖かくならない。
10日目の茄子の苗の状況がこれ↓

徒長しているので、倒れないように上の方を竹ひごにクリップでとめておいた
接ぎ木は庄屋大長については今までのところ全数成功で24本、筑陽は3本失敗で15本となった、もう少し失敗が出ても余裕の数量だ。
早速育苗トンネル内に入れた
今日は天気が良いので、トンネルの上にすだれで覆いをしておいた
安全を見てしばらく直射日光を和らげておくことにしよう↓

明日くらいからはすだれも外して萎れることもないようなら9センチポットに鉢上げすることにしよう、この農電マットが敷いてある育苗トンネル内には接ぎ木してない茄子が50本程度あるが、接ぎ木苗の鉢上げするときには通常のビニールトンネル内に移動さすつもりだ。

次にトマトの接ぎ木だが、接ぎ木して2日目、養生箱は茄子の養生箱と同じだ
現状を見てみるとこんな感じ

 

今のところ倒れているのは無いみたいだ
この調子なら茄子と同じくらいの成功率になるかも知れない
そうなってくれれば昨年よりは断然いいことになる
ここでもう2日くらいこの養生暗箱に置いておくことにする。

先週はいろいろあって菜園などには手が付けられなかったが、今朝覗いて見るとブロッコリーとキャベツの畝に掛けてあった寒冷紗が野犬に食いちぎられていた
見た訳ではないので野犬と決めつける訳にはいかないが、限りなくそうではないかと思う
現状がこれ↓

幸いなことに中の作物は無事だったみたいで傷んでなく、けっこう成長している、個別に状態を掲載しておこう↓

 

上写真で左がブロッコリーで右がキャベツだ
ここまで生長してくると違いが分かってくるようだ
寒冷紗の補修は途中から破れている場所を含めて全部取り除いて、新しく予備の寒冷紗をかけておいた↓

取りかえた部分の方が長いのだけど仕方がない
今までの経験ではこんな被害を受けたことは一度もなかった
今回初めて被害を受けたが、またやられるかも知れれない、そうならないことを祈るしかない。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    ホントに食いちぎられていますね
    ビックリです
    何のためにやったのか理解に苦しみますね。
    天気は良いのですが風は冷たかったですね

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは~

      そうなんですよ、ちょっと広範囲やられてましたが、中には入らなかったようで、野菜は傷んでませんでした
      中に食べるものも無いので、単にストレス解消のために食いちぎったのでしょうか。

  2. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    今日は一日中西寄りの風が吹き荒れました。
    3月9日撒きのキュウリの挿し木を行いました。
    昨年もそうでしたが、吸水させているとだんだん萎れてきて、2時間経って6cmポットに挿す頃には大丈夫だろうかと心配になるほど萎れてしまいます。
    愛菜花へ入れて温度を掛けて湿度を上げ、タキロン越しの日に当てていましたが、夕方にはかなり回復してきていました。
    接ぎ木の時も最初は挿し穂が萎れてくるのでハラハラしますね。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      接ぎ木も時間とともにだんだん萎れてきますので、長い間放置できず、全部終わるのを待たず、途中で養生箱に入れます
      萎れて来ると接ぎ木場所が外れそうです、挿し木とは違うとは思いますが、中々うまく出来ません。