ニンジンの発芽と玉レタス収穫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日は午後になってようやく良い天気になって来た、ただ、風は冷たく寒い
先日種まきしておいたニンジンがようやく発芽し出して来た
種まきしたのが2月24日なので今日で11日目に当たる。
もともとニンジンは発芽が遅いといわれているが、この寒い時期なのでこのくらいで発芽するのは普通なのかも知れない。
これがニンジンを種まきした畝↓

シートを剥ぐって中を覗いて見るとちょうど発芽し出したばかりのようだ↓

 

まだ発芽してない方が多いかも知れないが、いずれもう少し発芽して来て増えてくれるだろうと思う、そしてこの時期地中からの虫に食べられることも多いので、今回は何とかそうならないことを願っている。
発芽が出そろってきたらダイアジノン粒剤でも撒いておこうかと思う。

・次に玉レタスだが玉レタスとしては栽培期間が長いように思ったが、寒い時期だから生長に時間がかかったのだろう、丁度今が収穫時になったようだ。
現状がこれ↓

 

毎日のように食べているのだが、今後食べきれずに収穫時期を過ぎてしまうかも知れない
知人たちにお裾分けも考えなくては。

・茄子の接ぎ木がどうやら出来そうな感じに育ってきたので、数日中に始めようかと思っている、今日は養生箱の整備をしてテストを始めた↓

毎年使っている分だが、茄子は成功するが、トマトはこれではなかなかうまくいかないのが実情だ、今年こそトマトの接ぎ木を成功させたい。
とりあえずは茄子から始めよう。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんにちは。

    今日は寒気が南下しているためか、北の山沿いは時雨れています。
    明朝は最低気温が5℃ぐらいに下がる予報で、畑の開けた地表付近では2,3℃になりそうなので、無加温のビニトンのピーマン類を蘭小屋に移動しました。
    昨年は寒さが続いたので蘭小屋で軟弱に育てましたが、今年はここ何日か畑のビニトンで過ごさせたところ、見違えるように締まってきました。
    根付くと少々の寒さには結構強いものですね。
    今週末か来週の頭にはキュウリやメロンを播いてみようと思います。
    これも挿し木の予定です。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは~

      ここも今日は雨が少し降っただけですが、寒い一日でした
      明日、明後日は晴れの予報ですので、過ごしやすい日ではないかと思ってます
      ここのピーマンはまだ、熱源のあるビニールトンネル内に入れて育ててます、苗になる期間がピーマンは長いのでいずれ鉢上げしなくてはと思ってます。
      えぇ、もうキュウリの種まきされるんですか、ここは彼岸を過ぎてからくらいにしたいと思ってます。

  2. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    昨年のキュウリ第一弾は、3/10播き、3/18挿し木、4/18植付けでした。
    キュウリは接ぎ木でも、種まきから約一ヶ月後に植え付け目安らしいですが、挿し木をすると活着までに数日かかりますので、こんなものでしょうね。
    今年は暖かいからもっと早く植え付けできるかもしれません。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、おはようございます

      挿し木の方が接ぎ木より少し時間がかかるんですね
      ここは昨年3月後半に種まきし、定植したのが4月後半でだいたい1ヶ月で植え付けしてました、今年も彼岸を過ぎたころから始めようかと思ってます
      これから茄子やトマトの養生などに育苗器が塞がってしまうのであまり早く始められません。