スイカの接ぎ木をした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 れが今年の最後の接ぎ木となると思うが、スイカの接ぎ木作業をすることにした、種まきしたのが3月28日だから今日で13日目になるのかな、セルトレイに種まきした現状はこんな感じになっている

yasa2016-06390 yasa2016-06391

上の写真は苗を横から見たのと上から見たものだ、もう少し待って呼び接ぎで接ぎ木をしようかと思っていたのだが、なんと台木のかんぴょうの茎と穂木のスイカの茎があまりにも太さが違う、これでは呼び接ぎがとてもやりにくく自分では無理

それで急遽挿し接ぎに変更して実行することにした、急遽倉庫にのけてあった養生箱を持ち出して準備した、そして台木のかんぴょうを9センチポットに移植してから始める

yasa2016-06392

一応穂木の新大和二号西瓜が11本あるので11個穂木の数だけかんぴょうを移植しておいた

挿し接ぎ用の道具としては大した道具はいらずこんなもんで良いだろう

yasa2016-06393

後で接ぎ木の不具合など出、追加で竹串やクリップなども使うようになってしまった、接ぎ木のやり方はネットなどで多く紹介されているので真似てやっているのだけど、なかなか細かなコツのようなものはわからない

台木の本葉を摘んで取り除き、その上付近から斜めに削って尖らした棒を差し込んで穴をあけるのだけど棒の太さが問題で太すぎると台木が割れてしまったりする、ここの場合は竹串が最終的には一番良かった感じがする、また、穂木の茎を尖らすのに両面削ったら弱くて台木にうまく刺さらない、一方方向で斜めにスパッと切った方が丈夫でうまく刺さるようだ

そんなこんなで台木が割れてしまったのはクリップで補強して何とか落ちないようにしておいた、ぶっつけ本番なのでうまくいったと思えるのはほとんどないが、いくつか写真をアップしておこう

yasa2016-06394 yasa2016-06401

yasa2016-06395

何とか不具合なのもあったが11本全部接ぎ木をして完了、これが接ぎ木完了した全数

yasa2016-06396

スイカの定植する予定は5本なので半分は成功してほしい

接ぎ木は養生箱に移動、狭い養生箱だが数量が少ないので余裕で収納できる

yasa2016-06397 yasa2016-06398

3~4日ここで養生してもらうことになる

 呼び接ぎはここの養生管理がほとんど必要ないが、刺し接ぎなどはこの養生管理でかなり失敗することが多い、長いことここにこのまま置いておけば変に徒長したり溶けたりして苗がダメになる、温度、湿度の管理は十分しているつもりなのだけど、日光に当てるタイミングや時間、ここが非常に難しい、他の苗で何度枯らしたことか、これからの1週間が勝負でそれを乗り切れれば何とかなるだろう。

台木のかんぴょうだが、2本だけ別途育てることにして9センチポットに移植しておいた、せっかくだからかんぴょうも育ててみよう

yasa2016-06399

後はうまく接ぎ木が成功することを祈るだけだ。

 ところで今日はキュウリの接ぎ木しない苗もポットに移植しておいた、何せ徒長しているので少々深植えしてもそれでも徒長しているようにしか見えないが何とかなるだろう

そして昨日呼び接ぎしたキュウリの状況をアップしておこう丸一日経過した状況で室内の明るい場所に置いてある

yasa2016-06402

昨日はかなりうなだれていたようだが、一応元気を取り戻して枯れたようなのは今のところない、危なそうなのもあるのだけど明日には外に出して日光に当ててやろう。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Baldhead1010 より:

    こんばんは。

    かんぴょうの茎は結構大きいですね。
    これだけ大きかったら、差し接ぎが良さそうですね。

    今日はうすいえんどう豆の初採りでした。
    昨年はそら豆とうすいえんどう豆の初採りが5月2日だったので、かなり早いです。

    • ぽあろ より:

      Baldhead1010さん、こんばんは
      かんぴょうは茎も太いですが種もでかいです
      挿し接ぎしたのですが養生管理がねぇ、ここが問題です
      うすいえんどうって実った豆を食べるんですよね、早く収穫出きるんですね
      我が家は絹さやのみ収穫して食べてます、豆が太る前に収穫するんですから同じ収穫でも全然違いますね。

  2. 花より団子 より:

    スイカも接木されたんですね
    旨く行くと良いですね
    ここまでやられる方はほとんど見かけませんからね
    かんぴょうも美味しいでしょうね

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、そうなんですよ、一かばちかの勝負です、失敗なら苗を買いに行きます
      かんぴょうはせっかく苗があるんですから、試しに栽培してみようと思いました。

  3. ぶぅパパ より:

    ぽあろさんこんばんは。

    挿し接ぎは台木への穴あけが難しそうですね。
    私は片葉接ぎと挿し接ぎに挑戦してみます。

    私がウリ科に苦戦しているのは穂木の播種が遅い為の様です。
    着くには着くのですが、時間が掛かり過ぎるのです。
    お手本よりも穂木が細いなとは気付いていたのですが(笑)

    • ぽあろ より:

      ぶぅパパ さん、おはようございます
      方葉接ぎですか、接ぎ木する苗の成長具合とタイミングが難しそうですね、それに切り落としの微妙な位置など、ちょっと自分には敷居が高そうです

      挿し接ぎで台木への穴あけは呼び接ぎのように斜めに切り込みを入れるよりは楽で失敗も少ないように感じますね
      穴明けへらの形状とか太さなどを適切な大きさに作成するのがコツかも知れません
      これが仕事として数千本も接ぎ木するのならこの程度は練習のための量ですからね
      接ぎ木が上達する訳がありませんし、来年には忘れてます。

  4. RECEIVED VERY QUICKLY AND AS DESCRIBED THANK YOU!!!