白菜の発芽とパンジーの種まき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 菜の種まきしたのが盆の8月14日、今日が17日だから3日で発芽したことになり順調だ、ただ、一部発芽しないポットが出ている
現状がこれ↓

芽が出て無いのが5個だ、まぁ、これから出る可能性はあるが、このさえ発芽したばかりの複数発芽している分から移植しておこう、発芽したばかりだから移動しても影響はないと思うので抜き出してポットを埋めておいた↓

これで全部のポット30個が埋まった
今回20本程度植えつける予定で、そろそろ菜園の準備をしなくては・・・。

 盆前からすれば今日は気温が少し低い、過ごしやすいといってもかなり暑い
そろそろパンジーの種まきをしなくてはならないと思い、テストを兼ねて1回目の種まきをしてみた。
種まきは毎年ピートバンに種まきすることにしている
これがそのピートバン↓

ピートバンは5枚入っているが一応今年全部使うつもりだ
今日は半分の2.25枚分だけ
2.25枚ってどういうことと思われるが、実はピートバンを付属のトレイを使って種まきするのではなくて、自前の木箱にピートバンを入れて利用することにしている
ということでピートバンを切り取ったりして木枠に詰めたのがこれ↓

一応木箱2枚に作っておいたが、今日使うのはこのうちの1箱
1箱にピートバンが2.25枚詰め込んだことになっている
ピートバンは0.5枚程度余るので、これを覆土用に使うためすりつぶすことにしている
下の写真は覆土のための余ったピートバンとすりつぶしふるいでおろして覆土を作ったものだ。

 

さて、準備が出来たのでこれからピートバンに水を含ませ種まきをすることにしよう。
箱にはラップを敷いてピートバン2.25枚分のピートバンが入れてある、ピートバン1枚当たり水400ccということなのでこの枠には約1000cc入れることにして投入、そして水を含ませて膨らんだのが下の右の写真だ。

 

今回これにパンジーを4袋種まきする、種類が2種類で、イエローブロッチとパープルフェイスだ、だいたい1袋に70粒以上入っているみたいだった

一応真ん中に仕切りをして種類分けして種は蒔いておいた
こんな感じだ

 

種は重ならないように注意したが間隔は適当なのであまりうまくいかない
全体で約この木箱に300粒くらいは種まきしたことになるだろう
用意した覆土を薄っすらかけて水やりを霧吹きでして種まき完了

 

今年も、発芽を冷温庫に入れてさすことにする
パンジーの適切な発芽温度が、15~20℃ということで冷温庫は17℃に設定

 

この時点での室温は少し涼しくなったとはいえ32℃だ

とにかく発芽までここでして、発芽したら徒長するので日陰を作って外に出すことにしよう

しばらくこの状態で様子を見ることにしよう。

 種まきのタイミングが良かったのか葉ボタンは先日まで発芽したのが15本だったが、全部発芽して16本になっていた。

全数発芽してくれるのはあり難い。

ランキング参加中

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花より団子 より:

    冷温庫が威力を発揮できますね
    白菜はこちらも発芽していますが徒長しているので
    畑には直播しようと思っています。
    POT苗は廃棄ですね

    • ぽあろ より:

      花より団子さん、こんばんは〜

      そうですね、だいたい白菜は移植を嫌う植物なので直播きが基本ですね
      ポット苗では稚苗で植えつけないとキャベツと違ってまずいみたいですね。