私と小鳥と鈴と


私が両手をひろげても、

お空はちっとも飛べないが、

飛べる小鳥は私のように、

地べたを速く走れない。



私がからだをゆすっても、


きれいな音はでないけど、

あの鳴る鈴は私のように

たくさんな唄は知らないよ。



鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。