サーカス


幾時代かがありまして
  茶色い戦争ありました

幾時代かがありまして
  冬は疾風吹きました

幾時代かがありまして
  今夜此処での一と殷盛り

サーカス小屋は高い梁
  そこに一つのブランコだ
 見えるともないブランコだ

頭倒さに手を垂れて
  汚れ木綿の屋根のもと
 ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

それの近くの白い灯が
  安値いリボンと息を吐き

観客様はみな鰯
  咽喉が鳴ります牡蠣殻と
 ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

   屋外は真ッ闇 闇の闇
   夜は劫々と更けまする
   落下傘奴のノスタルジアと
   ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん