悲しき朝


河瀬の音が山に来る、
春の光は、石のようだ。
筧の水は、物語る。
白髪の嫗にさも肖てる

雲母の口にして歌つたよ、
背ろに倒れ、歌つたよ、
心は涸れて皺枯れて、
巌の上の、綱渡り。

知られざる炎、空にゆき!

響の雨は、濡れ冠る!

・・・・・・・・・・・・

われかにかくに手を拍く・・・・