ホラホラ、これが僕の骨だ、
生きてゐた時の苦労にみちた
あのけがらはしい肉を破つて、
しらじらと雨に洗はれ、
ヌツクと出た、骨の尖。

それは光沢もない、
ただいたづらにしらじらと、
雨を吸収する、
風に吹かれる、
幾分空を反映する。

生きてゐた時に、
これが食堂の雑踏の中に、
座つてゐたこともある、
みつばのおしたしを食つたこともある、
と思へばなんともカ可笑しい。

ホラホラ、これが僕の骨ー
見てゐるのは僕?可笑しなことだ。
霊魂はあとに残つて、
また骨の処にやつて来て、
見てゐるのかしら?

故里の小川のへりに、
半ばは枯れた草に立つて、
見ているのは、ー僕?
恰度立札ほどの高さに、
骨はしらじらととんがつている。